• ホーム
  • 業界動向
  • 【2019年第49週】インフルエンザ患者数、昨年を上回る拡大に警戒感

【2019年第49週】インフルエンザ患者数、昨年を上回る拡大に警戒感

トレンド

2019/12/13 19:00

 国立感染症研究所が12月13日に更新したインフルエンザの流行マップによると、2019年第49週(12月2~8日)の患者報告数は4万7200人。定点当たりの報告数は9.52で前週の5.52から増加した。

インフルエンザ患者数は前週から倍増
(マップは国立感染症研究所のホームページから抜粋)

 都道府県別では、北海道(25.11)、青森県(21.88)、富山県(19.31)、宮城県(19.03)、山口県(15.84)、広島県(13.56)、新潟県(13.47)、神奈川県(12.86)、福島県(12.81)、石川県(12.58)、埼玉県(11.26)、大分県(10.69)、秋田県(10.61)、東京都(10.36)、熊本県(10.11)、滋賀県(10.02)、愛知県(9.96)、福岡県(9.72)の順で高い値を示した。
 
定点医療機関当たり患者報告数
(グラフは東京都感染症情報センターのホームページから抜粋)
 
都内流行マップ・保健所別
(マップは東京都感染症情報センターのホームページから抜粋)

 東京都感染症情報センターが発表している同週の都内定点医療機関当たり患者報告数は4288人で、定点当たり10.36人。学級閉鎖などの集団発生は205件。過去5年の週次推移と比較して早いスピードで拡大しており、警戒感が高まっている。

オススメの記事