国立感染症研究所が11月29日に更新したインフルエンザの流行マップによると、2019年第47週(11月18日~11月24日)の患者報告数は1万5390人。定点当たりの報告数は3.11で前週の1.84から増加した。

 都道府県別では北海道(10.12)、青森県(8.08)、石川県(6.04)、宮城県(5.14)、山形県(5.13)、広島県(5.04)、富山県(4.96)、福岡県(4.85)、鹿児島県(4.34)、長崎県(4.13)、熊本県(4.10)、秋田県(4.00)、神奈川県(3.94)、福島県(3.88)、新潟県(3.51)、愛知県(3.27)、沖縄県(3.22)、東京都(3.00)の順で高い値を示した。
 
46都道府県で前週より報告数が増加。北海道では警報レベルに
(マップは国立感染症研究所のホームページから抜粋)

 東京都感染症情報センターが発表している同週の都内定点医療機関当たりの患者報告数は1225人で、定点当たり3.00人。学級閉鎖などの集団発生は56件(保育所6件、幼稚園3件、小学校41件、中学校6件)報告された。
 
定点医療機関当たり患者報告数
(グラフは東京都感染症情報センターのホームページから抜粋)
 
都内流行マップ・保健所別
(マップは東京都感染症情報センターのホームページから抜粋)

 インフルエンザの患者数は全国的に例年より早いペースで拡大している。例年は1月~2月にピークを迎えるが、12月中に前倒しで急増する可能性もあり、各機関でも早めの用心と対策を呼びかけている。