国立感染症研究所が12月27日に更新したインフルエンザの流行マップによると、2019年第51週(12月16日~12月22日)の患者報告数は10万5221人。定点当たりの報告数は21.22で前週の15.62から増加した。週の報告数が10万人を超えたのは今シーズン初となる。

インフルエンザの流行は全都道府県で注意報レベル
(マップは国立感染症研究所のホームページから抜粋)

 都道府県別では山口県(41.46)、宮城県(31.8)、埼玉県(29.57)、大分県(28.91)、愛知県(27.55)、富山県(26.88)、長野県(26.6)、北海道(26.28)、山形県(26.22)、福島県(26.17)、熊本県(25.84)、千葉県(24.76)、新潟県(24.54)、鹿児島県(23.64)、神奈川県(23.26)、秋田県(22.96)、広島県(22.72)、青森県(22.52)、東京都(22.3)、島根県(22.24)、栃木県(22.13)、福岡県(21.73)の順で高い値を示した。
 
定点医療機関当たり患者報告数(グラフは東京都感染症情報センターのホームページから抜粋)
 
都内流行マップ・保健所別(マップは東京都感染症情報センターのホームページから抜粋)

 東京都感染症情報センターが発表している同週の都内定点医療機関当たり患者報告数は9119人で、定点当たり22.30人。前年同期比で約3倍に達している。学級閉鎖などの集団発生は377件。年末年始にかけてのデータはまだ集計されていないが、例年ピークである1~2月を前に流行が本格化している。