ダイキン工業(ダイキン)は、開発を進めているポータブルエアコン「Carrime(キャリミー)」が、クラウドファンディングサービス「Makuake」で募っていた支援目標を達成し、商品化が決定した。


 Carrimeは、ダイキン初のクラウドファンディングを通じて商品化を目指したプロジェクト。11月1日から12月10日の期間に支援を募集し、プロジェクト開始から10日で目標金額を達成。最終的には、目標の160%超えとなる約2300万円、460人以上からの支援を得た。支援者からの声をもとに改良を重ね、20年6月ごろに商品を届ける予定。

 Carrimeは、これまでエアコンの設置が難しかったキッチンや洗面所、ガレージなど、さまざまな場所に持ち運ぶことが可能なポータブルエアコン。これまでのエアコン開発で培ってきたヒートポンプ技術を応用し、周囲温度マイナス7℃の吹出温度を実現した。涼しい風が遠くまで届くよう、業務用エアコンにも搭載しているハニカム整流板を採用することで、50cm離れた場所でも体感温度が周囲温度よりもマイナス7℃を維持している。

 また、ダイキンはオンラインプラットフォーム「DAIKIN LAUNCH X」を11月1日に開設。DAIKIN LAUNCH Xでは、開発中のものを含む商品情報を公開し、ユーザーの評価や意見に基づいて商品の発売の是非や仕様を決定し、ウェブを通じて直接販売を行っている。Carrimeは、DAIKIN LAUNCH Xに公開するとともに、Makuakeを活用して生産開始するものとしていた。

 クラウドファンディング開始直後から、「こんな商品を待っていた」といった喜びの声から「排熱用のダクトを接続したい」などの要望まで、多くの反応が寄せられたという。多くの支援を得て、商品化が決定した。