10月1日、省エネルギー性能の高いエアコン、冷蔵庫、給湯器に買い替え、所定の申請手続きを行うと、商品券とLED割引券に交換できる「東京ゼロエミポイント」が付与される補助金制度「東京ゼロエミポイント」がスタートする。

東京都独自の「東京ゼロエミポイント」

 対象者は東京都民で、申請に当たって住所を免許証などの公的書類で証明する必要がある。東京都内に通勤する他県在住者や法人は対象外。エアコンの場合、付与ポイント数が2.2kw以下(おおむね6畳用以下)は1万2000ポイント、2.4~2.8kw(8~10畳用)が1万5000ポイント、3.6kw以上(12畳用以上)が1万9000ポイント。

 1ポイント1円相当で、うち1000ポイント分は、LED割引券(LED照明を購入する際に1000円券として使用できる割引券)となるが、かなりポイント数が大きいので、増税前にエアコンを駆け込み購入しようと思っている都民は、10月1日まで待ったほうが得だろう。

 この東京ゼロエミポイント事業が、もし全国、少なくとも首都圏全域対象だったら、もっと話題になったはずだと残念でならない。とはいえ、開始に先立ち、エアコン・冷蔵庫について、今秋以降に発売する各社の最新モデルの特徴を紹介する。

 第1回はエアコン。すでに2020年モデルを発表済みの日立ジョンソンコントロールズ空調(日立)、三菱電機からスタートする。

エアコン編 日立「白くまくん」

 「くらしカメラAI」を備えた日立のエアコン最上位モデル「白くまくん プレミアムXシリーズ」の最新2020年モデルは、10月末に発売予定。19年モデルに搭載した、室内機の熱交換器を自動で掃除する「凍結洗浄」が好評だったことから、20年モデルは、業界で初めて、室外機の熱交換器を自動で掃除する「室外熱交換器自動お掃除」を搭載する。

 エアコン内部を見張って、プラズマイオンの充満や、加熱・低湿制御を行いカビを抑制する「カビバスター」も搭載し、「凍結洗浄」「ファンロボ」を組み合わせ、1年中大幅にカビを低減する。

 非寒冷地向けには、ほかにE・ELシリーズ、本体高さをコンパクトに抑えたW・WLシリーズ、奥行きをコンパクトにしたGシリーズ、ベーシックなDシリーズ、Aシリーズの計6シリーズを展開。室内機の熱交換器の「凍結洗浄」はGシリーズ以上のグレートのみとなる。
 
「白くまくん プレミアムXシリーズ」は、3.6kwから単相200Vタイプをラインアップ。
同クラスの単相100Vより、省エネ性能を示す「APF値」が高く、省エネ性能重視なら狙い目だ

・白くまくん プレミアムXシリーズ
https://www.bcnretail.com/news/detail/20190903_134363.html

エアコン編 三菱「霧ヶ峰」

 三菱のエアコン「霧ヶ峰」の最上位モデル「FZ/Zシリーズ」20年モデルは、11月1日から順次発売予定。新開発「ムーブアイmirA.I.+(ミライプラス)」を搭載し、世界で初めて、エアコンから吹き出す気流を高精度に検知して居住空間に合わせて気流や流路を変更させながら最適に暖房・冷房運転する。また、簡単お手入れ機能として、18年モデルから自動で掃除する「フィルターおそうじメカ」を備える。

 非寒冷地向けには計7シリーズを展開し、子ども部屋や寝室に適したデザインモデルSシリーズ以上のグレードは独自の「ムーブアイ」を搭載する。一方、ベーシックモデルのGEシリーズは搭載していない。
 
スクエアデザインのFZシリーズは、次世代プレミアムモデルの位置づけ。
現在販売中の2019年モデルは「平成30年度 省エネ大賞」を受賞した

・三菱の「霧ヶ峰」2020年度モデル
https://www.bcnretail.com/news/detail/20190828_133638.html

 各社とも例年、夏の終わりから秋にかけて次期モデルを発表する。この発表と前後して、現行モデルは在庫処分が進み、求めやすい価格になる。9月20日現在、ダイキンやパナソニックなど、他の主要メーカーは、まだ20年モデルを発表していないため、発表され次第、順次紹介していく。(BCN・嵯峨野 芙美)


■エアコン2020年モデル発売時期

2019年10月末 日立 白くまくん Xシリーズ
2019年11月1日 三菱 霧ヶ峰FZ シリーズ(左右独立駆動プロペラファン)
2019年12月上旬 三菱 霧ヶ峰Z シリーズ(クロスフローファン)