10月1日に携帯電話の端末代と通信費の完全分離がスタートしてから約2カ月。全国の家電量販店・ネットショップからPOSデータを集計した「BCNランキング」における2019年11月の月次集計データによると、スマートフォン(スマホ)の販売台数ランキングは、AQUOS sense3 SH-02M(シャープ)が前月の圏外からいきなり2位にランクインしたほか、Xperia 5 SO-01M(ソニーモバイルコミュニケーションズ)が前月348位から7位に入ったのが大きな動きだった。

左がAQUOS sense3 SH-02M(シャープ)、
右がXperia 5 SO-01M(ソニーモバイルコミュニケーションズ)

1位 iPhone 11 64GB(SoftBank)
2位 AQUOS sense3 SH-02M(シャープ)
3位 iPhone 11 128GB(SoftBank)
4位 iPhone 11 64GB(au)
5位 iPhone 11 128GB(au)
6位 iPhone 11 Pro 256GB(SoftBank)
7位 Xperia 5 SO-01M(ソニーモバイルコミュニケーションズ)
8位 P30 lite MAR-LX2J(Huawei Technologies)
9位 iPhone 8 64GB(au)
10位 iPhone 11 64GB(NTT docomo)


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。