楽天が提供するスマートフォン決済サービス「楽天ペイ」が、11月25日の9時30分ごろから14時13分ごろまで、利用できなくなっていた。現在は復旧している。原因は、楽天カードの決済代行システムが不安定になっていたからだという。

11月25日の9時30分ごろから14時13分ごろまで利用できなかった楽天ペイ

 楽天は、「23日にデータセンター設備の不具合で一時、楽天ペイとクレジットカード『楽天カード』が利用できなくなっていたため、その間に処理できなかった決済データが蓄積していた。これを整理するために一旦止めていた」と説明する。

 25日の0時から5時37分ごろまで実施されていたメンテナンスが長引いていたとの見解もあったが、これについては楽天が否定。楽天カードと楽天ペイを連携させているユーザーが多いため、楽天カードの障害の影響を受けた、との見方を示した。

 16時時点で、楽天ペイのアプリ上には「サービス復旧のお知らせ」ページに飛ぶリンクが掲載されている。リンク先ではサービスが復旧したことを説明しつつ、「今後、同様の事象が発生しないよう再発防止に努めてまいります。この度は大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません」とのコメントを掲載している。