11月22日の「いい夫婦の日」に先立ち、アイロボットジャパンは、全国の20~50代の既婚有職男女800名を対象に実施した「夫婦仲と家事分担に関する意識調査」の結果を発表した。

 「いい夫婦」の日に、配偶者へプレゼントとして贈りたいものとしては、「旅行、外食」(39.8%)がもっとも多く、「フード・お酒などの嗜好品」(16.3%)、「家事を手伝うなどの時間」(12.9%)が続いた。
 
「いい夫婦」の日に配偶者に贈りたいもの

 家事の分担率に関してたずねた質問では、男性の66.7%が分担率は3割以下と回答。分担率が半分以下の層を含めると、男性の9割に達した。一方、女性は57.5%が「8割以上の家事を負担している」と回答し、「半分以上」を含めると8割に達するなど、男女間の家事分担の偏りが明らかになった。
 
家事分担の割合についてもっとも近いものは?

 また、女性の67.2%が家族に家事を頼むことにストレスを感じると答えており、夫婦間の家事分担の偏りの要因の一つになっていると考えられる。
 
家族に家事を頼むことについて

 ロボット掃除機や食洗機、乾燥機能付き洗濯機といった便利家電を使って、家事を効率化したいかとたずねると、「なるべく家電で効率化を図っていきたい」(45.6%)、「一部の家電で効率化させていきたい」(43.1%)を合わせ、約9割が家電による家事の効率化を考えており、調査対象のロボット掃除機所有者400名の約半数は、掃除をロボット掃除機に任せたことで「夫婦喧嘩が減った」と答えた。
 
便利家電を使って家事の効率化を図りたいか

 調査結果から、ロボット掃除機は、家庭の平和に一役買っているといえるだろう。ちなみに、「夫婦仲が良好」と答えた回答者に夫婦円満のコツをきくと、1位は「何かしてもらったら『ありがとう』を言う」、2位は「 会話をするようこころがける」、3位は「一緒に食事をする」だった。
 
11月22日から気軽に試せる全額返金キャンペーンを開催

 アイロボットジャパンは、公式オンラインストアや一部の家電量販店・オンラインショップなど、対象店舗で、ロボット掃除機「ルンバ 643/e5」または床拭きロボット「ブラーバ ジェット m6」を購入後、製品に満足できなければ、購入翌日から30日以内なら購入代金を全額返金する「Help your Family キャンペーン」を11月22日から12月27日まで実施する。「いい夫婦の日」から、家事ストレスの軽減の一助にアイロボット製品を気軽に使って欲しいとしている。