ソニーは、自律型エンターテインメントロボット「aibo(アイボ)」のソフトウェアAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を一般公開した。開発環境をユーザーに提供することで、誰でも簡単にaiboのオリジナルの動きをプログラミングすることができる。

aiboのオリジナルの動きをビジュアルプログラミングで作ることができるようになった

 プログラミングする際は、初心者向けの「aibo ビジュアルプログラミング」を利用する。ドラッグ&ドロップが中心の簡単な操作が特徴だ。テキストではなく、動作の書かれたブロックを組み合わせて、視覚的にプログラミングできる仕組み。初めてのプログラミングでも直感的に使いやすく、世界の学校やプログラミング教室でも採用されている。

 「歩く」「首を動かす」などのシンプルな動作から、近くの人や物を認識して行動を変えるなど、さまざまなことができる。なお、プログラミングでaiboのオリジナルの動きを作ったとしても、aiboの気分次第で異なったふるまいをすることがある。aiboの感情を尊重したAPIになっているので、“aiboらしさ”を損なうことはない。

 ビジュアルプログラミングは、PCにのみ対応しており、現在無償で提供している。作ったプログラムは、他の人とシェアすることができる。