MMD研究所は、「QRコード決済の支払い方法に関する調査」でQRコード決済でクレジットカードチャージ利用者300人、銀行口座チャージ利用者300人、現金チャージ利用者300人、クレジットカード連携利用者291人を抽出し、スマートフォン(スマホ)決済について「QRコード決済の支払い登録方法別 利用実態調査」を実施した。期間は9月27~30日。


 QRコード決済の利用者に登録支払い方法やチャージ方法を選択した理由を聞いたところ、クレジットカードチャージ利用者(n=300)では、「ポイントが多く貯まるから」が54.7%、「キャンペーン期間中でお得だったから」が41.3%、「簡単に登録できたから」が30.0%だったという。銀行口座チャージ利用者(n=300)では、「キャンペーン期間中でお得だったから」が35.0%、「簡単に登録できたから」が33.0%、「ポイントが多く貯まるから」が29.0%とのことだ。
 

 現金チャージ利用者(n=300)では、「キャンペーン期間中でお得だったから」が39.0%、「ポイントが多く貯まるから」が35.7%、「簡単に登録できたから」が27.3%という。クレジットカード連携利用者(n=291)では、「ポイントが多く貯まるから」が56.7%、「簡単に登録できたから」が30.2%、「キャンペーン期間中でお得だったから」が29.2%とのことだ。