ビックカメラグループとヤマダ電機は10月15日、インターネット通販向けにPaidyが提供する後払い決済サービス「Paidy 翌月払い」に対応すると発表した。ビックカメラ・ドットコムが12月、コジマネットが2020年1月、ヤマダウェブコムが11月中旬にサービスを開始する。


 Paidy 翌月払いは、翌月まとめて支払うEC向け決済サービスとして14年19月にサービスの提供を開始。10月現在のアカウント数は、250万口座を超える。

 決済は、メールアドレスと携帯電話番号、SMSもしくは自動音声で案内する4ケタの認証コードをショッピングサイトの決済画面に入力して、支払い回数を指定するだけで決済が完了する。
 
支払い画面のイメージ

 事前の会員登録が不要なため、クレジットカードを持ってないユーザーも利用できる。Paidy 翌月払いで決済した代金は、翌月まとめてコンビニエンスストアや銀行振込、口座振替で支払われる。

 ビックカメラ・ドットコムでは、決済方法が11種類に拡大。クレジットカードや銀行振込、仮想通貨「ビットコイン」や残価設定クレジットなど多様な決済方法に対応している。