ヤフーは、社員食堂「BASE11(ベース ジュウイチ)」で「揚げ物税」を10月8日から導入した。揚げ物料理の一部を値上げ(プラス100円)、その値上げ分を原資として魚料理を値下げ(マイナス150円)とした。

揚げ物料理の一部を値上げ(左)、魚料理を値下げ

 社員がランチで脂質を取り過ぎる傾向で、脂肪エネルギー比率が推奨25%に対して約30%の実績。全体的に脂質が多く含まれる揚げ物料理を食べる社員が多いことが課題となっていた。社員のLDL(悪玉)コレステロールの有所見率は約45%(2017年度健康診断データ)で高い数値。そこで、DHAやEPAを多く含む魚料理を食べることが必要と判断した。

 海鮮丼や魚の揚げ物定食が人気の一方、焼き魚や煮魚は食数が少ないという。そこで、ヤフーでは食べやすい価格で提供することで、魚料理全体の食数を増やし、社員の健康増進を支援、心身ともに最高のコンディションで業務に従事できることを目指す。

 なお、8日の対象メニューは、「チキン南蛮~自家製タルタルソース~」を591円から691円(税込み)に、「鯖の味噌煮と具沢山けんちん汁」を693円から543円(同)に設定した。