ソフトバンクは9月9日、都内で記者会見を開催し、サブブランド「ワイモバイル」の2年契約と解約金を廃止することを発表した。それに伴い、現行の料金プランを見直し、最大12%オフになる新料金プランを公表した。

2年契約と解約金を撤廃したワイモバイルの新料金プラン

 10月1日の電気通信事業法改正を受けた新料金プラン「スマホベーシックプランS/M/R」は、「S」が通信容量3GBで基本使用料が2680円、「M」が通信容量9GBで基本使用料が3680円、「R」が通信容量13GBで基本使用料が4680円。

 割引については、基本使用料を1年間毎月1000円割り引く「ワンキュッパ割」の申し込み受け付けを終了。代わりに新規契約/他社からの乗り換え(MNP)/契約変更するユーザー向けに、基本使用料を6カ月毎月700円割り引く「新規割」を提供開始する。

 いずれも契約期間がなく、契約解除料(9500円)も発生しない。新規割とおうち割光セット、または家族割引サービスを適用すれば、Sでは従来プランから12%の値下げとなる。
 
「スマホベーシックプランS」なら最大12%の値下げに

 月額利用料金は、Sが加入翌月~7カ月目まで1480円、8カ月目以降で2180円、Mが加入翌月~7カ月目まで2480円、8カ月目以降で3180円、「R」が加入翌月~7か月目までが3480円、8か月目以降は4180円。

 新料金プランの発表に合わせて、一部の販売価格を改定。「Android One S5」を4万9200円から2万9455円、「かんたんスマホ」を5万5200円から4万2546円に値下げする。また、36回分割支払いを導入して端末を購入しやすくする。