Appleは、東京・丸の内に国内最大級の旗艦店「Apple丸の内」を2019年9月7日10時にオープンする。オープンを記念して、12回シリーズの特別なセッション『TOKYO CREATIVE GUILD』がスタート。Appleの製品を試したり、アドバイスやサポートを受けることができる。

竹に囲まれたさわやかなデザインの「Apple丸の内」

 外見は、国産の竹に囲まれた、さわやかな和の雰囲気を演出。三菱ビルの構造グリッドから着想を得た日本初の「ヴィトリン・スタイル」を採用した。

 1階は、イベントスペースと商品売り場、法人顧客向けの「BOARD ROOM」。2階は修理カウンターで、竹に囲まれた窓越しには赤レンガづくりの東京駅の駅舎を臨むことができる。

 130人以上のスタッフが在籍し、半数以上が日本国内の他のApple直営店から異動した“熟練スタッフ”。チーム全体で15言語をサポートする。

 多くの鉄道路線が通る東京駅の近くに設置することで、国内外のユーザーをサポートする狙いがあるとみられる。場所は、東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビルで、JR・東京メトロ丸の内線東京駅から徒歩3分。JR東京駅の最寄りの改札は丸の内南口となる。