今年2月にソフトバンクの子会社Agoopがリリースしたウォーキングアプリ「WalkCoin」が8月1日に大幅にアップデートした。変更されたのは、コインの保有枚数、友達招待ボーナス、そして「コイン交換」システムだ。これまでコインは抽選でAmazonギフト券が当たる「歩数くじ」のみにしか使えなかったが、新システムの導入によって運任せではなく、確実に稼ぐこともできるようになった。

8月1日に「WalkCoin」が大幅アップデートで、新システム「コイン交換」を追加

 まずは、変更された部分からみていきたい。今回のアップデートに伴い、コインレートは変更前の5倍になった。デイリーミッション(1日に6000歩)達成で獲得できるコインが1枚から5枚、初期インストールによるボーナスが10枚から50枚、歩数くじに参加できる枚数が10枚から50枚に修正されている。

 一部、ウィークリーミッション(1週間に1万歩、2万歩、3万歩)や動画視聴によるコイン付与は1枚のまま変わらず。既に、アプリをインストールしているユーザーが保有しているコインに関しては、保有数の5倍に修正されているので、これまでの蓄積が無駄になっているわけではない。

 友達招待ボーナスについては、やや仕組みが複雑になった。もともとは招待した人がボーナスとして25枚コインをもらえる仕様だったが、アップデートによってもらえるコインは10枚に減少。

 その代わり、招待して始めた人がウィークリーミッションを達成するたびにコインが招待者に付与される招待者継続ボーナスを追加。最大36週受け取ることができるので、もし毎週3万歩を達成していれば108枚のコインがもらえる計算だ。
 
 
記者のコードは「47D2mMsv」。新たにアプリを始める人はぜひ使ってほしい


 今回のアップデートの目玉といえるのが、新たに加わった「コイン交換」だ。これまでは、歩数くじのみしかコインの使い道がなかったので運の要素が強かった。コイン交換では交換率が高くないものの、確実に一定の枚数をAmazonギフト券に交換することが可能になった。

 交換できるのは、歩数くじと同じくAmazonギフト券。2万5000枚で1万円分、1万5000枚で5000円分、4000枚で1000円分、2500枚で500円分(毎月30人限定)、1000枚で200円分(毎月100人限定)、500枚で50円分(毎月2000人限定)。なお、歩数くじも継続しているので、一発で大きく稼ぎたい人はこちらを利用するとよいだろう。
 

 WalkCoinは、スポーツ庁から「Sport in Life」のロゴマークを付与されるなど、健康促進のスマートフォンアプリとしても期待されている。インストールは無料で、アプリ内課金もない。ひとまずインストールして初期設定し、ほったらかしにしておくだけで、少しのお小遣いが得られると考えれば、利用して損はないはずだ。(BCN・大蔵 大輔)