日本郵便は、物流系ITスタートアップのYperが開発・販売する置き配バッグ「OKIPPA(オキッパ)」を抽選で10万世帯に無料配布する。6月24日に専用サイトで募集を開始。応募期間は8月26日まで。


 OKIPPAは、手のひらサイズのバッグを玄関前に吊り下げるだけで、在・不在にかかわらず宅配物を玄関前で受け取れる仕組み。昨年12月に、東京杉並区の1000世帯を対象に実証実験を実施。再配達を約61%削減した。10万個のOKIPPAを無料配布することで、多くのユーザーに置き配バッグの利便性を体験してもらい、再配達率の大幅な引き下げを目的としている。

 なお、当選後に使用状況などに関する2回のアンケートに回答、通販などで購入した商品の受け取りが宅配便で1カ月に2~3回以上、オートロックでない住居、OKIPPAの転売・譲渡が禁止、配達が完了した荷物に亡失などがあった場合でも日本郵便が損害賠償を行わないことに同意、などが応募条件となっている。