「現場における日常のピープルマネジメントの実態を変えること」にフォーカスしたクラウドAIシステム「KAKEAI」。企業の中間管理職と部下による「掛け違い」を解消するものとして注目を集め、HR領域におけるスタートアップの発掘や表彰を行う「HR Tech GP2019」でファイナリストに選出された。

クラウドAIシステム「KAKEAI」

 KAKEAIは、科学とテクノロジーを用いて属人的でブラックボックス化しがちなミドルマネジメント層による部下へのマネジメントを変えるシステム。部下1人ひとりに対するマネジメントの肝をアドバイスするほか、部下の状態をタイムリーに捉えることをサポート。マネジャーそれぞれの中に眠っているナレッジを全てのマネジャーで共有し合える状態も創出するという。

 KAKEAIの中に蓄積される具体的で定量的な「現場の実態」データを端的に可視化し、周囲が適切に支援できる環境も整備できるとのことだ。