メルカリは、繰り返し利用可能な梱包材「メルカリエコパック」の提供を6月5日に開始した。

再利用を前提とした梱包材「メルカリエコパック」

 荷物の配送量と比例して消費量が増える段ボールや緩衝材などの梱包材。メルカリの調査によると、梱包材の消費・廃棄を「もったいない」と感じる人は全体の約8割。購入した商品の梱包材が再利用でも気にしないという人に関しては9割にのぼったという。
 
 

 メルカリエコパックは、テントなどで使用するターポリン素材を採用。破れにくく、数百回の利用が可能だ。密封性の高い止水ファスナーで防水仕様も確保している。
 
テントなどで使用するターポリン素材を採用
 
ファスナーは密閉性が高く、防水仕様になっている

 対応サイズは、らくらくメルカリ便「ネコポス(A4サイズ、厚さ2.5cm以内)」、ゆうゆうメルカリ便「ゆうパケット(A4サイズ・厚さ3cm以内)」の2種類。カラーはレッドとグリーンの2色を用意。
 
サイズはネコポスとゆうゆうメルカリ便に対応する2種類

 配送で使用したエコパックは、受け取ったユーザーが商品を発送する際に再利用できるという仕組みだ。まずは、試験的に5000個を配布し、利用状況やユーザーの反応をみて今後の展開を検討する。

 エコパックは、「メルカリストア」で梱包アイテムを購入したユーザーの中から抽選で1000人に提供される。期間は6月10日~7月31日。また、特定非営利活動法人グリーンバードが実施しているごみ拾い活動の参加者先着100人、東京・渋谷のコミュニティスペース「subaCO」で先着300人に配布する。期間は6月10日~6月30日で、なくなり次第終了となる。