通信事業者やITベンダーなど27社は、O-RAN Allianceのフロントホール仕様を採用、もしくは採用を検討することを2月22日に発表した。O-RAN Allianceは、5Gなどの次世代ネットワークをオープンでインテリジェントにすることを目的に活動している業界団体。

O-RAN Allianceのフロントホール仕様の採用を予定する27社

 各ベンダーは、O-RANフロントホール仕様に準拠した製品の開発に着手し異なるベンダー間の相互接続試験を開始もしくは計画している。通信事業者は2019年以降、それら製品を用いた試験を開始、5Gの商用ネットワークに導入していく。

 O-RANフロントホール仕様によって、リモート設置型基地局でさまざまなベンダーの親局と無線子局を相互接続するマルチベンダー無線アクセスネットワーク(RAN)の実現が可能となる。マルチベンダーRANでは、展開シナリオに応じて最適な基地局装置を活用し、柔軟にネットワークが構築できる。