LINEが中小企業・店舗向けに提供している「LINE@(ラインアット)」の全アカウント数が、300万件を突破した。ユーザーと法人をつなぐ販売促進コミュニケーションサービスとして、飲食やアパレル、美容、宿泊施設など、多くの店舗や企業が活用していることになる。


 LINE@は、国内で月間7800万人(2018年9月時点)が利用するLINEのユーザー基盤を生かし、ユーザーに対してダイレクトな情報発信やビジネス活用が可能なLINEアカウント。業種別では、「飲食店・レストラン」のアカウント数が最も多く、「ショッピング・小売店」「美容・サロン」などと続いている。