LINEは、ビックカメラグループの「ビックカメラ」「コジマ」「ソフマップ」全店舗で、12月21日からLINEの新サービス「SHOPPING GO」を導入すると発表した。「LINE Pay」で支払うと、12月31日までの期間限定で、購入金額の実質最大26%分を還元する。

ビックカメラ・コジマ・ソフマップが「LINE Pay」のコード支払いと「SHOPPING GO」を導入

 「SHOPPING GO」は、実店舗での商品購入時に、LINE内に表示される専用のバーコードを読み取ると、「LINEポイント」が付与されるサービス。LINEウォレット内にある「マイカード」と連動し、現在位置に応じて導入店舗を検索できるなど、「LINE」上で全て完結する。12月7日のサービス開始後、わずか2週間で50万人以上が利用規約に同意したという。
 
「SHOPPING GO」のエコシステム

 ファッションブランド「earth music&ecology」の国内286店舗で導入済み。ビックカメラは、家電量販店では初となる。同時に、「LINE」上で展開するモバイル・送金サービス「LINE Pay」のコード支払い(ユーザー自身がQRコードを読み取る「プリントQR」型)も導入。「LINE Pay」と「SHOPPING GO」の同時導入を記念し、ビックカメラでは、12月21日から31日まで期間限定キャンペーンを実施する。

 「SHOPPING GO ポイント2倍キャンペーン」は、通常0.5%の「LINEポイント」の付与率を1%にアップ。12月14日から開始した「Payトクキャンペーン」では、LINE Payによる支払い(コード支払い)で20%分のLINE Pay残高を還元する。還元額の上限は5000円。
 
購入金額の最大26%を還元する

 また、実店舗でLINE Payで支払うと、「マイカラー」プログラムに応じて0.5~2%付与されるLINEポイントがプラス3%上乗せされる「コード支払い」促進キャンペーンを2019年7月31日まで実施している。

 新しいインセンティブプログラム「マイカラー」プログラムは18年6月1日にスタート。前月のLINE Payでの支払額によってLINEポイントの付与率が4段階で変わる。「LINE Pay 請求書支払い」はポイント上乗せ付与の対象外。