リクルートライフスタイルは、0円で簡単に使えるPOSレジアプリ「Airレジ」を通じて小規模店舗(5店舗未満)のオーナー・店長1047人を対象に「消費増税・軽減税率制度に関する店舗の意識調査」を実施した。期間は2018年11月19~21日。インターネットで調査した。

軽減税率制度への準備状況

 調査結果によると、19年10月に予定されている軽減税率制度の導入に対して、94.1%が「知っている」と回答した。そのうち、軽減税率制度への準備状況については「完了している」は4.9%にとどまり、「準備に取り掛かっている」は8.2%、「必要性を感じているが、まだ行動できていない」は37.2%、「準備が必要だと感じていない」は49.7%と半数に達した。「必要性を感じているが、まだ行動できていない」とした回答者に聞いた理由では、「必要な対応は分かっているが時間とや手間、コストなどの事情から準備が進められていない」が最も多かったという。