スタートアップのたぬーきすは、家事の可視化でスムーズな家事シェアを実現するためのアプリ「Smuzoo(スムズー)」と、家事代行サービス業者をつなぐ代行連携機能構築のためのクラウドファンディングを「Makuake」で開始した。連携する家事代行業の候補は、ベアーズとCaSyの2社となる。

家事実施時間とコスト比較のイメージ

 今回のクラウドファンディングは、Smuzooで家事が代行サービス換算でいくらになるかを簡単に比較できる機能を盛り込むことが目的となる。かけた時間・かかるコストと買える時間・サービスを家族が簡単に共有できれば、大切な家族の時間を確保するために家事代行を依頼できるようになるというわけだ。