総合人材サービスのパーソルホールディングス(パーソル)とフリーランス総合支援プラットフォームを提供するランサーズは、共同出資で新会社「シェアフル株式会社」を2019年1月に設立、労働シェアリング市場に本格参入する。

パーソルホールディングスとランサーズが業務提携

 新会社を設立する背景について、パーソルの高橋広敏副社長COOは、「日本の労働力不足は深刻化している。また、副業や兼業が話題になっているものの、環境が整っていない状況だ。ランサーズさんと新会社を設立することによって、新しいサービスや機会を与えることができる」と述べた。
 
パーソルホールディングスの高橋広敏副社長COO

 ランサーズの秋好陽介社長CEOは、「これまでオンラインでのマッチングに取り組んできたが、オフラインでのマッチングも実現している。そこで、人を介したマッチングが強みのパーソルさんと組んで、オンラインマッチングのノウハウを持つ当社の強みを最大限に発揮させる」とパーソルのパートナーシップを組むメリットについてアピールした。
 
ランサーズの秋好陽介社長CEO

 新会社では、個人が短い時間や期間でも希望や経験に合った仕事を柔軟に選択できることに加え、企業が必要な時に必要な労働力を迅速に獲得できる環境を整備する。シェアフルの社長に就任するパーソルの大友潤執行役員は、「スキマ時間を価値に変えるサービスを提供していく」としたうえで、「1カ月の利用ユーザーとして、サービス開始から1年以内に1万人、5年以内に10万人を目指す」との方針を示した。
 
シェアフルの社長に就任するパーソルの大友潤執行役員

 具体的には、プラットフォーム「シェアフル」の提供によって、マッチングサービスを提供。個人にとっては、専用アプリから自分のスケジュールを登録するだけで当日の仕事が表示される他、経験やスキル情報を入力することによって仕事の紹介の精度を上げていくことができる。
 
「シェアフル」の専用アプリ

 企業にとっては、「マイページ」から求人情報を登録・掲載し、「すぐに・自由に・簡単に」をコンセプトとして人材を採用することができる。シェアフルが提供する就業条件明示・勤怠管理・給与計算などのアウトソーシングサービスも利用が可能。就業後は、個人と企業ともに互いの評価を登録することができ、その評価がデータとして蓄積されて次の仕事紹介や人材採用へとつなげる仕組みとなっている。
 
「シェアフル」サービスの流れ