デジタル一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラが競り合っている。全国の主要家電量販店・ネットショップの実売データを集計した「BCNランキング」によると、2018年10月15日~10月21日の期間で最も人気だったデジタル一眼カメラは、キヤノンが17年4月に発売したデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X9i ダブルズームキット KISSX9I-WKIT」だった。

2018年10月15日~10月21日のデジタル一眼カメラ販売台数ランキング(1位~5位)

 EOS Kiss X9iは、Wi-FiやNFCのほか、Bluetooth接続に対応。常時スマートフォンと接続しているので、撮影した写真をすぐにSNSなどで共有できる点が特徴だ。最大45点でクロス測距が可能。月間のトップであり、前週まで週間でもトップだった同社のミラーレス「EOS Kiss M ダブルズームキット ホワイト EOSKISSMWH-WZK」を抑えて週間ランキングの首位に立った。
 
EOS Kiss X9i ダブルズームキット KISSX9I-WKIT

 8位には、ソニーが18年3月に発売したミラーレス「α7 III ズームレンズキット ILCE-7M3K」がついた。フルサイズ裏面照射型CMOSセンサーを搭載したハイスペックなカメラで、前週の28位からの大躍進となった。
 
2018年10月15日~10月21日のデジタル一眼カメラ販売台数ランキング(6位~10位)


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。