調理サービスロボットを開発するコネクテッドロボティクスのロボットがたこ焼き職人となった世界初のたこ焼き店「OctoChef(オクトシェフ)」が、長崎県のテーマパーク「ハウステンボス」内のアトラクションタウン チーズワーフの一角で7月20日にオープンした。

たこ焼きロボット

 アーム型の協働ロボットの活用、人工知能による画像認識を通じたディープラーニングなどの最新技術を組み合わせることによって、通常3~4人で運営するたこ焼き店舗を一人で運営できるように省人化を実現した。ロボットが調理を担当することによって、店舗スタッフは熱い鉄板に向き合って調理を続ける必要がなくなり、スタッフへの負担が大きく軽減される。

 また、これまでの産業用ロボットは安全性を確保するために安全柵が必要だったが、協働ロボットの活用でスペース効率が高く同一空間内で人とロボットが一緒に作業することを可能としている。なお、店舗ではたこ焼きロボットのほかソフトクリームロボットも稼働している。