車載用デジタル機器でドライブレコーダーが好調だったJCVケンウッドと、カーナビゲーションシステムを主軸とするパイオニアで決算内容の明暗を分けた。

 パイオニアが5月14日に発表した2018年3月期の連結決算は、売上高が3654億1700万円(前期比%5.5%減)で、営業利益が11億9400万円(同71.3%減)、経常損益が31億2100万円の損失(前期は29億6600万円の黒字)、親会社株主に帰属する当期純損益は71億2300万円の損失(前期は50億5400万円の赤字)だった。
 

 売上高の8割以上を占めるカーエレクトロニクスは、OEM事業が減少したことから、売り上げを落とした。また市販事業では、カーナビゲーションシステムが北米や国内で需要が伸びず減収となったが、カーオーディオは欧州や中南米で需要が増し増収となった。営業利益は、原価率の改善や販売管理費を減らしたものの減益だった。

 19年3月期はカーエレクトロニクスで増収を見込み、売上高は3800億円(前期比4.0%増)、営業損益は50億円の損失に、親会社株主に帰属する当期純利益は検討中だという。

 一方、同じように車載機器事業を手掛けるJVCケンウッドは、オートモーティブ分野が大幅な増収となったことから、売上高は3024億3400万円(1.1%増)、営業利益は66億8200万円(15.6%増)、経常利益は58億300万円(60.5%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は39億3600万円(前期は67億2700万円の赤字)で増収増益だった。なかでもOEM事業は、用品(ディーラーオプション)と純正の大幅な販売増などにより増収となった。市販事業の売上高は、米国で販売減の影響を受けたが、国内市場で「彩速ナビ」やドライブレコーダーの販売が好調で、ほぼ前年同期並みを確保した。

 同日、パイオニアは森谷浩一取締役 兼 常務執行役員が新たに代表取締役 兼 社長執行役員に就任する人事を発表。6月27日の定時株主総会で正式決定する予定。代表取締役 兼 社長執行役員を務める小谷進氏は、代表権のない取締役 兼 会長執行役員に就任する。

 新社長に就く森谷浩一氏は、1981年にパイオニアへ入社後、豊富な営業経験をはじめ、海外現地法人の社長、管理部門等の責任者として経験を積んだ。異動に際し同社は、事業の見直しを推し進め、早期の黒字化など、業績回復を図っていくという。