ゲーム総合情報メディア「ファミ通」を運営するGzブレインは、2017年度(17年3月27日~18年3月25日)の国内家庭用ゲーム市場が3878.1億円(前年比21.8%増)だったと発表した。2年連続でゲーム機・ソフト市場が前年超えを達成。「Nintendo Switch」が国内で累計約400万台を販売し、市場を牽引した。

201804021805_1.jpg
世界で1400万台、日本国内で400万台が販売された「Nintendo Switch」

 国内家庭用ゲーム市場は、「Nintendo Switch」や「プレイステーション4」などの家庭用ゲーム機と、それぞれのソフトの販売数の合計値。内訳は、ゲーム機が2003億1000万円(52.7%増)、ソフトが1874億9000万円(0.1%増)だった。
 
201804021805_2.jpg
2017年度と16年度のゲーム機・ソフト販売台数比較

最も売れたソフトとハードが明らかに

 Gzブレインの調べによると、17年度に最も売れた家庭用ゲーム機は、17年3月3日に任天堂が発売した「Nintendo Switch」だった。推定販売台数は351万2773台。一方、最も人気だったソフトは、任天堂が17年11月17日に発売した「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」。販売本数は219万8231台にのぼり、ソフト・ハードのいずれも任天堂がトップに立つ結果となった。
 
201804021805_3.jpg
2017 年度家庭用ゲームソフト販売本数 TOP10

 「Nintendo Switch」は、18年3月時点で世界でも累計販売台数が1400万台を超えるほど大ヒットした。けん引したのは、ソフトタイトルだ。17年7月に発売した「スプラトゥーン2」は214万6190本、同年10月の「スーパーマリオ オデッセイ」は161万3076本、同年4月の「マリオカート8 デラックス」は139万7018本売れ、3タイトルでミリオンを達成。この勢いは今後も続くとみられる。

 また、カプコンが18年1月26日に発売した「モンスターハンター:ワールド」の販売本数は191万7492台となり、「プレイステーション4(PS4)」の販売を後押しした。その結果、PS4は203万6000台が売れ、累計の販売台数は654万4228台となった。

 ソフトタイトルを詳しくみると、スクウェア・エニックスが17年7月29日に発売した「ドラゴンクエストⅩⅠ 過ぎ去りし時を求めて」は、PS4版と3DS版の2機種合計で311万7000本を販売し、タイトル別合算で最多の販売本数だった。
 
201804021805_4.jpg
任天堂『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』の大会「niconicoチャンピオンシップ2018」

 18年度には、任天堂のSwitch用ソフト「大乱闘スマッシュブラザーズ」や、スクウェア・エニックスのPS4・Xbox One用ソフト「キングダム ハーツⅢ」といった注目タイトルの発売が予定されている。eスポーツに取り入れられる機会も増えた家庭用ゲーム市場には、今後も注目が集まる。