任天堂は3月9日、配信動画「Nintendo Direct 2018.3.9」内で、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト「大乱闘スマッシュブラザーズ(仮称)」を2018年に発売する予定と発表した。

201803090956_2.png
Nintendo Switch用「大乱闘スマッシュブラザーズ(仮称)」発売決定。公式サイトでは動画を公開している

 動画内では、「スプラトゥーン」シリーズに登場するキャラクター「イカ」や、スーパーマリオシリーズに登場する「マリオ」、ゼルダの伝説シリーズに登場する「リンク」が登場した。

 Nintendo Switchは、本体の累計販売数量が1400万台を超え、すでにWii Uの販売台数を越えている。対応タイトルは5000万本を突破。また、大乱闘スマッシュブラザーズは、前作の据え置き型Wii U用ソフト「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」が532万本、携帯ゲーム機3DS用ソフト「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」が916万本の販売実績を持つ。据え置き型と携帯型の両方の特性を持つNintendo Switchでは、どのような記録を残すのか、注目される。

 動画では、「スプラトゥーン 2」など既存ソフトの追加コンテンツや、「マリオテニス エース」など新作ソフトの情報も公開した。