接客トークで企業名やブランドの由来などの豆知識をさりげなく使うと、顧客との距離が縮まることもある。業界関係者にとっては当たり前でも、あまり知られていないケースは多い。