訪日中国人向けに買い物サポートサービスを展開するTouch China(中国・北京市)がまとめた「中国人に人気の商品ランキング」では、除毛製品が初めてランクインした。

 Touch Chinaの文抒統括マネージャーによると、6月に入って気温が上昇し、肌を露出する機会が多くなった影響で、中国人の間で除毛製品の需要が増したという。

 なかでも、10位にランクインしたフィリップスの光美容器「ルメア プレシジョンプラス SC2008/72」は、コードレスで使いやすいことや、海外でも利用できる電源方式を採用していることが人気の理由とみられる。
 

10位に入ったフィリップスの「ルメア プレシジョンプラス SC2008/72」

 また、4位に初登場したMTGの「リファカラットフェイス」は、台湾の女性タレントが日本の家電量販店で使用する写真が中国のSNSで拡散し、一気に注目を集めた。

 上位は、エムシービケンの「ビューティーバー」が“定位置”の1位を獲得。2位はパナソニックの「ヘアードライヤー ナノケア EH-NA57」で、3位は日立の保湿サポート器「ハダクリエホット&クール CM-N3000」だった。

 一方、3月以来、圏外で推移していたシー・シー・ピーの「自動モップロボット掃除機モーファ ZZ-MR2-BE」が8位に入った。上位はほぼ固定化されている一方、急にランキングに食い込んでくる製品もあり、訪日中国人の需要をつかむ難しさがあらためて浮かんだ。。

 中国は7、8月が夏休み。日本の正月に当たる春節や建国記念日の国慶節に続く連休シーズンで、訪日旅行の盛り上がりが期待できる。家族連れや団体客の動向がどう影響するか、ランキングの変化に注目だ。
 
 
※『BCN RETAIL REVIEW』2016年8月号から転載