VR(仮想現実)や3D業界の企業80社が一堂に会する「第24回 3D&バーチャルリアリティ展」(リード エグジビション ジャパン主催)が6月22日、東京・有明の東京ビッグサイトで開幕した。各企業は6月24日までの会期中、ヘッドマウントディスプレイやARコンテンツ、3Dスキャナなどの最新技術を紹介する。業界関係者向けの商談展で、一般の入場はできない。


東京ビッグサイトで開幕した「第24回 3D&バーチャルリアリティ展」


VRなど各ブースの最新技術に高い注目が集まった

 ビーエスケービージーは、8月に発売予定の新しいVRヘッドセット「FREEFLY VR」を展示した。スマートフォンをヘッドセットにセットし、Android/iOS向けのアプリから映像を映すだけで簡単にVRを体験できる手軽さが最大の特徴だ。
 


ビーエスケービージーが8月に発売する「FREEFLY VR」


ヘッドマウントディスプレイ「HTC VIVE」を使ったVRのデモ

 一方、アスクは、ヘッドマウントディスプレイ「HTC VIVE」を使った深い没入感が得られるVRデモを実施した。あらかじめ設定した空間全体で3次元映像が楽しめるため、実際に道路を歩いたり、空を見上げたりするような感覚が味わえた。
 


3Dの画像データをAR化し、スマートフォンやタブレット端末のカメラ画面に表示できるAugment社のアプリと活況だった3Dプリンタのブース

 このほか、フランスのAugment社は、3Dの画像データをAR化し、スマートフォンやタブレット端末のカメラ画面に表示できるアプリを披露。教育や研究分野で広がっている3Dプリンタのブースも活況だった。