• ホーム
  • ライフスタイル
  • 交通系ICカードを利用すると保護者にメールが届く「タッチでメール」、ソフトバンク「キッズフォン3」と組み合わせて

交通系ICカードを利用すると保護者にメールが届く「タッチでメール」、ソフトバンク「キッズフォン3」と組み合わせて

サービス

2023/01/23 17:30

 ソフトバンクは、子どもが鉄道やバス、買い物で対象の交通系ICカードを利用すると保護者にメールが届くあんしんみまもりサービス「タッチでメール」を1月27日から提供開始する。

キッズフォン3への装着イメージ

 「タッチでメール」は、対象の交通系ICカードを専用ケースに入れて、対象機種に装着することで利用できるみまもりサービス。サービス開始時点では、ソフトバンクの新商品として1月27日に発売する子ども向けケータイ「キッズフォン3」で利用が可能となる。

 同サービスでは、対象機種を使用する子どもが、駅の改札の通過時やバスの乗降時、買い物をする時などに対象の交通系ICカードを利用すると、保護者にメールで通知する。利用日時や金額、駅名などが連絡先に設定したメールアドレス宛てに届くため、子どもの行動を知ることができる。

 対象の交通系ICカード(全国相互利用のKitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、PiTaPa、SUGOCA、nimoca、はやかけんと、仙台市交通局のicsca)が使えるエリアであれば、全国どこでも利用することが可能。また、通知先は最大20件まで設定することができ、家族全員で通知を受け取ることもできる。

 利用料金は月額550円。
ギャラリーページ

オススメの記事