• ホーム
  • ライフスタイル
  • Amazon Alexa搭載スマートスピーカー向け、クックパッドの読み聞かせコンテンツ提供開始

Amazon Alexa搭載スマートスピーカー向け、クックパッドの読み聞かせコンテンツ提供開始

サービス

2022/11/30 15:18

 クックパッドが展開する食育絵本のサブスクリプションサービス「おりょうりえほん」は、「Alexa」が搭載されたAmazon Echoシリーズなどのスマートスピーカー向けに、食育絵本のコンテンツ提供を開始した。これにより、「おりょうりえほん」を有料購読していなくても、Alexaで食育絵本の読み聞かせができるようになった。

Alexa」搭載機で「おりょうりえほん」が視聴可能に

 「おりょうりえほん」は、クックパッドが2019年から展開している食育絵本のサブスクリプションサービス。食育の大切さを感じる一方で、仕事や家事、育児など日々の目前のことに必死で食育に取り組めていない、食育のやり方がわからない、といった子育て家庭の悩みを解消するために、子育て中の社員自らが考案して立ち上げた。多くの家庭で日常的に行われている「絵本の読み聞かせ」を通じて、誰でも簡単に食育できる点、子どもたちが料理を遊びの延長として楽しみ、自ら考え・選択し・創り上げる力を身につけられる点などが高く評価されており、2020年には「2020年度日本子育て支援大賞」「キッズデザイン賞」、2021年には「第14回ペアレンティングアワード」モノ部門賞など数々のアワードを受賞している。

 Alexaは、2014年に誕生した音声アシスタントで、ユーザーが「アレクサ」というウェイクワードに続けて話しかけるだけで、タイマーやアラームをセットしたり、好きな音楽やラジオ番組を再生したりと、暮らしをもっと便利に快適に過ごすためのサポートを行う。

 これまで、「おりょうりえほん」のユーザーから、料理中や仕事中など手が離せないタイミングで子どもが絵本を持ってくると、読み聞かせができないことに罪悪感や課題感を感じているという声が寄せられていた。

 クックパッドでは、子どもが絵本を読みたいタイミングで親がAlexaに話しかけて「おりょうりえほん」の作品を読み聞かせ、家事や仕事の傍らで同じ絵本の音声を聞くことができれば、子ども自身の「絵本が読みたい」気持ちを満たしながら家事・育児負担の軽減につながり、より自然に家庭内で食育を行うことができると考え、今回Alexaへのコンテンツ提供を開始した。

 「おりょうりえほん」の食育絵本コンテンツは、「アレクサ、おりょうりえほんを読んで」のように話しかけるだけで、食育絵本を視聴することができる。親は、仕事や家事などで手が離せないタイミングでもハンズフリーでAlexaによって食育絵本の読み聞かせを行ったり、音声で内容を把握したりすることで、より気軽に生活に食育を取り入れることが可能となる。

 対応デバイスがあれば、特別な設定なしで利用可能で、「おりょうりえほん」が現在発行している50作品のうち5作品(ぜーんぶおいしい、まよなかサラダ、たべものパワー、おにぎりべんとう、ぽっかぽかみーつけた!)を視聴できる。同コンテンツは、「おりょうりえほん」のサブスクリプションサービス登録を行っていないユーザーも利用することができる。

オススメの記事