日立、コネクテッド家電別に提供しているスマホアプリを「ハピネスアップ」に統合

 日立グローバルライフソリューションズ(日立GLS)は、日立のコネクテッド家電で製品ごとに提供しているスマホアプリの機能を統合し、使い方に合わせた家事サポートやメンテナンス提案などを届けるスマホアプリ「ハピネスアップ」を1月17日からダウンロード配信開始した。

アプリ「ハピネスアップ」のダウンロード配信を開始

 「ハピネスアップ」は、無線LANで接続された日立のコネクテッド家電をより便利に使えるよう、新たに開発したスマホアプリ。従来は、製品ごとに提供しているスマホアプリからコネクテッド家電の運転状態が把握できたが、同アプリでは複数製品の状況を把握・確認することができる。
 
「ハピネスアップ」ホーム画面

 さらに、運転状態の分析結果から、より長く性能を発揮できるようなメンテナンスのアドバイスを受けられる。そのほかにも、天気予報や洗濯指数、旬の食材といった日々の家事に必要な情報をまとめて入手できる。なお、日立のコネクテッド家電でそれぞれ提供しているスマホアプリも同アプリから利用することができる。

 今後、複数のコネクテッド家電を連携させて、フードロスの削減や家事負担の低減に貢献する新たな機能やサービス、より長くより安全に使い続けられるための機能やサービスを開発し、順次、同アプリに追加していく予定。
ギャラリーページ

オススメの記事