• ホーム
  • ライフスタイル
  • 月額550円でアニメ・エンタメ見放題サービス「DMM TV」スタート、オリジナル作品『LUPIN ZERO』独占配信

月額550円でアニメ・エンタメ見放題サービス「DMM TV」スタート、オリジナル作品『LUPIN ZERO』独占配信

サービス

2022/12/05 18:00

 DMM.com(DMM)は、楽しみ方が多様化する日本のアニメやエンタテインメントのユーザー体験をアップデートする新たなサブスク会員システム「DMMプレミアム」と、DMMが目指す「マルチエンタメ・プラットフォーム」で主軸となる新たな総合動画配信サービス「DMM TV」を12月1日に提供開始した。


 DMMプレミアムは、月額550円で、DMMの各種エンタメサービスをお得に楽しめる新サブスク会員システム。初回30日間無料で、さらに3カ月間550円相当のDMMポイントを還元する。これにより、実質最大3カ月間無料で楽しむことができる。DMMポイントは、個別の作品購入だけでなく、DMM各サービスで利用できる。

 DMMプレミアム会員になることで、新サービスの「DMM TV」を含め、アニメ、マンガ、ゲーム、グッズ購入、オンラインくじやオンラインクレーンゲームといったDMMの各種エンタメコンテンツを、ジャンル横断で楽しむことができる。また、「DMM GAMES」や「DMM JCBカード」などのサービス特典や、外部アライアンス企業と連携した特典など、充実した特典を提供する。現在23の会員特典を利用することができ、今後も随時拡充していく。

 「DMM TV」は、「推しが見つかる。世界が変わる。」をコンセプトに、アニメを主軸として、バラエティや2.5次元舞台・ミュージカル、ドラマ、映画など幅広いジャンルのコンテンツを提供する新たな総合動画配信サービス。月額550円のDMMプレミアムに加入することで、新作から独占配信作品、そしてオリジナル作品まで、アニメ約4600作品、エンタメを含む12万本のコンテンツをスマートフォン・PC・TVアプリなどから楽しむことができる。

 新作アニメカバー率100%を追求し、「アニメ・エンタメ、コスパ最強」をキャッチコピーに、価格以上のコンテンツ体験を味わうことができるサービスを目指す。さらには、オリジナル番組も充実。話題のクリエイターを起用したバラエティやマンガ原作ドラマに加え、アニメ・エンタメ好きの「推し」をもっと広く深く楽しむためのマンガ・アニメの紹介番組、2.5次元舞台・ミュージカル、声優番組など、様々なコンテンツを多数配信する予定。今後はさらに幅広いジャンルで、濃いコンテンツを拡充していく。

 また、「DMM TV」では、いつでもどこでも楽しめるビデオオンデマンド形式による配信だけでなく、リアルタイム配信形式での番組提供も行う。将来的には、同時視聴しているファン同士の交流を加速させるコメント機能などにも対応し、コンテンツを一緒に楽しむカルチャーをさらに盛り上げていく。

 アプリ内のブックタブからは、電子書籍サービスの「DMMブックス」の作品を読むことができ、ユーザーはサービスをまたぐログイン手続きなしに、シームレスにサービス間を移動することが可能となっている。また、アプリから関連グッズを買うことも可能。これにより、動画作品を楽しんだ後に原作マンガを読み、好きなキャラクターのグッズを買うなど、一つの作品を様々な角度で快適に楽しむことができる。

 今後配信予定の注目コンテンツとしては、DMM pictures製作アニメ作品では、「冰剣の魔術師が世界を統べる」を23年1月5日から、「老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます」を23年1月7日から先行配信する。さらに、DMM TVオリジナルアニメとして、「LUPIN ZERO」を12月16日から独占配信する。舞台は原作連載当初の昭和30年代の東京。まだ何者でもない「少年ルパン」と悪党との対決や、父親であるルパン二世や祖父のルパン一世との因縁、のちの相棒・次元との出会いなど、原作でも描かれている「少年ルパン」編からヒントを得たオリジナルストーリーとなっている。
 
独占配信となる『LUPIN ZERO』(C)TMS

 DMM TVオリジナル声優バラエティでは、「下下紘輝」(出演者:下野紘、山下大輝)を12月24日から、「自称声優」(出演者:杉田智和、岡本信彦)を12月17日から配信開始する。また、DMM TVオリジナルマンガ総合バラエティでは、「ウチコマ」(出演者:内田理央、生駒里奈)を12月8日から配信開始する。

 なお、さらに詳しいコンテンツ情報は、12月14日19時から配信するコンテンツ発表会「DMM TVまつり」で紹介する。
ギャラリーページ

オススメの記事