G-SHOCK40周年モデル、刀鍛冶の名門「月山」とコラボレーションした“MR-G”

新製品

2022/11/17 11:00

 カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」の最上位シリーズ「MR-G」の新製品として、日本を代表する刀鍛冶の名門「月山」とコラボレーションした“G-SHOCK”40周年限定モデル「MRG-B2000GA-1AJR」を11月11日に発売する。

MRG-B2000GA-1AJR

 「月山」は、奥州出羽の月山で起こり、鎌倉時代から続く刀工の一派。月山鍛冶の最大の特徴は、刀身全体に広がる波のような模様「綾杉肌」で、MRG-B2000GA-1AJRでは、重厚感のあるチタン製のバンドを刀の茎(なかご)に見立て、その中駒に、刀匠・月山 貞伸氏がみずから鑢目(やすりめ)仕上げと銘切り(めいきり)を施した。
「百錬精鐡」に由来する「鍛」と「錬」の文字を銘切り

 刀鍛冶の名門「月山」が受け継ぐ化粧鑢目を、月山氏が一つ一つ手彫りで刻み、日本刀の世界観を表現。月山一門の座右の銘「鍛刀一筋」と、「百錬精鐡」に由来する「鍛」と「錬」の文字を銘切り、ハンドメイドによる一点ごとの存在感を宿す外観に仕上げた。
刀匠・月山貞伸氏

 ベゼルは、新開発の再結晶化ハイブリッドチタンを使用することにより、月山刀の特徴である「綾杉肌」のイメージを表現しており、ベゼル、バンド、裏蓋には、名刀の色合いとされる青味を帯びた鉄色を表現するため、新開発したブルーグレーのアーク式IPコーティングを施した。再結晶化ハイブリッドチタンは、月山氏監修のもと、64チタンと純チタンを何層も重ねて再結晶化した素材。ケースは純チタンを再結晶化し深層硬化処理とTiCコーティングで仕上げた。ケース側面10時位置のプレートには、「G-SHOCK 40th」の文字を刻印している。
月山氏が一つ一つ手彫りで刻み、日本刀の世界観を表現

 機能面では、20気圧防水、タフソーラー、標準電波に対応した時刻修正システムに加え、Bluetoothによるモバイルリンク機能を搭載する。価格は93万5000円。
ギャラリーページ

オススメの記事