• ホーム
  • ライフスタイル
  • 未来の健康診断に「嗅覚測定」が加わる? ソニーが「におい提示装置 NOS-DX1000」発表

未来の健康診断に「嗅覚測定」が加わる? ソニーが「におい提示装置 NOS-DX1000」発表

新製品

2022/10/06 11:02

 ソニーは10月5日、嗅覚による新たな価値の創出に向け、嗅素(においの素)を手軽に制御する「Tensor Valve(テンソルバルブ)」テクノロジーを独自開発したと発表。このデバイスを搭載した「におい提示装置 NOS-DX1000」を2023年春から、「におい」に関連した研究や測定を行う医療機関や研究機関、自治体向けに発売する。価格はオープンで市場想定価格は230万円前後。

ソニーの「におい提示装置 NOS-DX1000」

「研究用途」として初めの一歩

 「におい提示装置 NOS-DX1000」は、治療や診断など医療を目的とした機器ではなく、あくまでも研究用途として発売する。
 
将来の「嗅覚測定」の標準になるか

 独自開発した「Tensor Valve」テクノロジーは、多数の嗅素が混ざることなく、均一に提示することを可能にする。また、においの気流が巡る「らせん流路構造」を採用し、提示後に残るにおい成分を瞬時に除去する脱臭機構も備える。

 NOS-DX1000は、アレイ上に連なる40種の嗅素成分を含むカートリッジを即時に切り替えながら、高出力・高ストロークな駆動で、十分な通風で被験者ににおいを届けるワイヤ式リニアアクチュエータを40機搭載する。
 
NOS-DX1000 サブカートリッジのイメージ
 
NOS-DX1000の使用イメージ

 ソニーでは、嗅覚測定が手軽にできるニーズとして、認知症やパーキンソン病の早期発見や、新型コロナウイルスの嗅覚障害の測定などでの利用を挙げる。認知症やパーキンソン病では、発症前から嗅覚の低下が見られる。嗅覚障害を早期に発見することで、発症前の対処が可能になる。
 
認知症やパーキンソン病の早期発見に有効

ソニーが「嗅覚測定をDXする」

 NOS-DX1000を使った嗅覚測定のメリットは、測定時間の短縮と、測定結果のアプリによるデジタル管理の二つ。ソニーでは「嗅覚測定をDXする」とし、紙ベースで管理している現在の嗅覚測定のデジタル化を狙う。

 現在、一般的な嗅覚測定では、嗅素を浸したろ紙に鼻先を近付け、何のにおいかを被験者が特定できるまで、濃度の薄いものから順次濃いものへと試薬を変え、匂いの種類も変えて、かぐ動作を繰り返す。測定には30分以上の時間を要する。NOS-DX1000を使えば、測定のワークフローをデジタル化することで10分程度で済むという。
 
「嗅覚測定をDXする」

 また、これまでの嗅覚測定では、におい漏れのために空調設備などの環境を整える必要があるが、NOS-DX1000なら、におい漏れを抑制できるので専用の場所を設けずに利用できる。

 専用アプリでは、におい提示の結果を簡単に記録しながら表示・分析ができる。さらに測定時もタブレット上でにおいを選択するだけなので、手先が嗅素で汚染されたり、他の嗅素と混ざる心配もない。
 
アプリで結果表示や分析が簡単に

 今後のスケジュールについては、年内に日本鼻科学会(金沢)や日本神経治療学会(福島)、日本認知症学会(東京)、日本老年精神医学会(同)でNOS-DX1000を展示して認知を広めていく。

 さらに長期的な展望として、健康診断や保険適用に向け、視力測定や聴力測定と同じレベルで嗅覚測定が行えるようにする。

 ソニーではTensor Valveテクノロジーの開発をきっかけに、これまでエレクトロニクス分野で培ってきた視覚、聴覚分野に加えて、新たに人間の本能や感情、記憶を刺激する嗅覚分野に進出することになる。将来的には、バーチャル空間における嗅覚テクノロジーなど、エンタテインメント分野での活用も視野に入れる。(BCN・細田 立圭志)
ギャラリーページ

オススメの記事