ソニーとポーラの合弁会社SOULA、企業向けヘルスケア導入アプリ提供開始

ヘルスケア

2022/06/30 18:00

 SOULAは、企業・団体に向けたヘルスケアサービス導入を支援するツールとして、スマートフォン用アプリ「SOULA pie」を7月4日に提供開始する。

企業・団体向けヘルスケアサービス導入を援するツールを提供開始

 「SOULA pie」は、食事・運動・睡眠・肌ケアを領域に、アプリユーザーが選ぶプログラムに沿って、記録・分析・アドバイス・レシピなどリコメンドを提供する仕組みづくりを支援するアプリ。

 また、アプリ利用を通じて蓄積されるユーザーの属性や傾向を把握するための管理ツールを企業・団体に向けて提供する。企業・団体には、メインアプリとしての活用、またはすでにユーザー向けサービスを保有している場合は、「SOULA pie」をその一部として利用してもらい、その先にいるユーザーがヘルスケアを習慣化しやすい環境づくりをサポートしていく。

 具体的には、「SOULA pie」では、マルチテナント方式を採用し、企業・団体ごとにユーザーへの発信を可能とした。また、企業・団体ならではの独自コンテンツ(レシピなど)を活用したり、それらとSOULA pie標準コンテンツを組み合わせるなどしてサービスを構成でき、アプリでありながらも一定の自由度をもってユーザーへ提供できる設計としている。
 
企業・団体ごとにユーザーへの発信が可能なマルチテナント方式のイメージ図

 加えて、定期的なコンテンツのアップデートや、アプリの利用を通じて蓄積されるユーザーの属性や傾向を、管理ツール(ウェブアプリ)を通して提供することで、企業・団体のマーケティングやサービス進化をサポートする。

 このように、企業・団体がそれぞれの目的に合わせてアプリに特色を出しながら、最新のヘルスケア機能を低コスト・低負荷・短期間で効率よく立上げられる仕組みを提供することで、ヘルスケア市場の活性化に貢献していく。

 アプリの主な機能として、ユーザーが選択したプログラムに応じて、食事や運動の記録・分析・アドバイス・レコメンドを提供するほか、コラムなどを通じて情報提供も定期的に行っていく。プログラム内容やレシピ、アドバイスなどは、SOULA pie標準があるが、企業・団体側で独自のコンテンツを設定することもできる。
 
ユーザーに提供されるアプリ機能のイメージ

 なお、SOULAでは、「SOULA pie」の提供にあたり、DELISH KITCHENを運営するエブリーと業務提携した。DELISH KITCHENは、国内No.1のレシピ動画数を有し、誰もがおいしく、楽しく、簡単に作れる点を重視しながら、管理栄養士など食のプロの目線でレシピを制作している。また、「食」の領域から「健康」へと目線を広げて、健康に配慮したレシピを展開している点など、SOULAと共通の目標をもっていることから、今回の業務提携に至った。

 「SOULA pie」の食事・運動の記録から導き出す一人ひとりに必要な栄養素をもとに、DELISH KITCHENのヘルシーなレシピを厳選して提案していくほか、今後は食事・運動にとどまらず、睡眠や肌ケアも含めて、より包括的なサービスを展開していくことを踏まえ、新たなレシピの研究や、食を通じた有用な情報発信に取り組んでいく。

オススメの記事