長く使えるSDGsなスマホ? 人気モデルの後継機「OPPO Reno7 A」のポイント

新製品

2022/06/16 18:30

 オウガ・ジャパンは6月16日、スマートフォンブランド「OPPO」の新製品として「OPPO Reno7 A」を発表した。メーカー希望小売価格(税込)は4万4800円。6月16日15時に予約受付を開始し、6月23日から順次発売する。販売チャネルは全国の家電量販店ECサイト、MNOMVNO各社。

OPPOにとって久しぶりのスマホの新製品となった「OPPO Reno7 A」。
価格は4万4800円で6月23日に発売する

 「OPPO Reno7 A」は2021年にロングセラーモデルとなった「OPPO Reno5 A」の後継機。キーフレーズの「ときめき、長持ち。」は、マーケティングで明らかになった「長く愛着を持ってスマホを使いたい」というユーザーのニーズを反映した。スマホの「買い替えサイクルが早い=短期間で廃棄されてしまう」という問題点にも着目し、環境に配慮した工夫を取り入れている。

 画面サイズは約6.4インチで画面占有率89.4%の有機ELディスプレイを搭載。解像度は2400×1080(FHD+)、リフレッシュレートは90Hz。高精細かつなめらかな画面表示を実現している。重量は約175g、厚さは約7.6mmとスリムなボディでホールド感も高い。従来モデルはやや丸みを帯びたフォルムだったが、OPPO Reno7 Aはよりシャープな形状でスタイリッシュさが際立っている。
 
画面サイズは約6.4インチ。
高解像度なだけでなくリフレッシュレートも高い
 
軽量・薄型でグリップ感も高い

 “長く使ってもらう”というコンセプトは、ハードとソフトの両面に表れている。ハードにおけるポイントは独自の背面加工技術「OPPO Glow」。指紋や汚れがつきにくいサラサラとしたマットな質感に星空のような輝きをプラス。飽きのこないユニークなデザインで、ユーザーの“愛着感”を刺激する。日本市場向けのモデルで採用するのは今回が初めて。カラーはドリームブルーとスターリーブラックの2色。
 
独自の背面加工技術「OPPO Glow」が最大の特徴

 ソフトウェアにおけるポイントは、36カ月使用しても操作の快適性が持続するシステム劣化防止機能だ。メモリ圧縮方式を変更することでシステム稼働領域の効率性を上げ、劣化具合を5%以下に抑えるという。また、マルチタスクを快適にするためにストレージ用メモリをRAMとして拡張する機能を搭載。拡張は2/3/5GBの3段階から選択できる。
 
長い期間使用しても劣化しにくい機能を備えている

 アウトカメラはトリプルレンズを採用。広角(約4800万画素)・超広角(約800万画素)・マクロ(約200万画素)で構成される。インカメラはディスプレイ隅にパンチホール形状で配置。有効画素数は約1600万画素。カメラ機能も豊富でネオンポートレートやアウト/イン同時撮影、写真をお気に入りの作品の色調に合わせるAIパレットなどを備えている。
 
アウト/イン同時撮影などのユニーク機能も搭載

 日本市場の開拓が成功した要因ともいえる「防水・防塵」「おサイフケータイ」にも対応。防水・防塵についてはPX8・IP6Xと高い水準を満たしている。バッテリも4500mAhと大容量。フル充電で約20時間の動画視聴、もしくは約39時間の音楽再生が可能だ。18W PD 2.0急速充電にも対応しているので、約30分で40%の急速チャージができる。
 
「防水・防塵」「おサイフケータイ」はもちろん対応

 OSはColorOS 12(ベースはAndroid 11)、CPUはQualcomm Snapdragon 695 5G(オクタコアCPU:2.2GHz×2+1.8GHz×6)、SIMカードスロットはデュアル仕様で、microSDスロットを備える。生体認証は顔・ディスプレイ指紋認証に対応。通信規格は5G(sub6)/4G LTE。Wi-fiはIEEE 802.11 a/b/g/n/ac。キャリアアグリゲーションにも対応する。(BCN・大蔵大輔)

オススメの記事