<3COINS>お気に入りのキッチンに! 【KITINTO】シリーズのおすすめ5選

レビュー

2022/05/31 12:05

 人気商品は入荷と同時に完売してしまうこともある<3COINS>。キッチングッズに特化した【KITINTO】シリーズは、特に人気だ。新生活も落ち着いたころに、キッチン周りのアイテムを充実させよう。【KITINTO】の中から、買って損はない便利でお得なグッズを厳選し、紹介する。

(1)【KITINTO】食器洗剤ボトル 330円

3COINSの食器洗剤ボトル、ブラウンを購入(筆者撮影)

 「自炊をしない」という人でも、コップやお皿などの食器を洗う機会は少なからずあるだろう。3COINSの食器洗剤ボトルは、発売直後に「かゆいところに手が届く商品」として人気が爆発。店舗では売り切れが続出し、入手困難となり何度も再入荷が繰り返された。今では、3COINSの定番便利商品となっている。

 食器などの洗い物をする際、通常の食器洗剤ボトルはスポンジをおき、一旦ボトルを持ち上げ逆さにしてスポンジの上に洗剤をつけるというスタイルが主流だった。要は、洗い物をしている最中に「片手で洗剤をスポンジにつける」ということが難しかったのだ。

 しかし、3COINSの食器洗剤ボトルは、ボトルの上部がプッシュ式になっていて「スポンジごとボトルの上を押すだけで洗剤がつく」という画期的な仕組みを編み出したのだ。
 
ボトルの上をスポンジでプッシュするだけ(筆者撮影)

 発売当初、筆者は真っ先に買いに行った。しかし何度も売り切れに遭遇し、なかなか手に入らなかったのを覚えている。手に入った今となっては、片手で洗剤が足せる快適さを感じ、手放せないキッチンアイテムになった。

 まだ使用したことのない人も、騙されたと思って買ってみてほしい。そんな「買って損はしない商品」の一つが【KITINTO】食器洗剤ボトルと言えるだろう。

(2)【KITINTO】ミディアムクロス3枚SET 330円

ミディアムクロス 3枚SET(筆者撮影)

 「ミディアムクロス 3枚SET」は、汚れ落ちが抜群で筆者も何回もリピート購入している商品である。素材にレーヨンを使用しているが、このレーヨンは「天然の竹繊維」からつくられている。

 竹繊維の独特な「粗すぎず、柔らかすぎない」という絶妙な塩梅のおかげで、こすることでついてしまう細かい傷をつけにくくするという点が、このクロスの大きな特徴なのだ。

 しかも、繰り返し使用してもへたることがない。丈夫で、汚れがひどくなるまで洗いながら繰り返し使える点も、とてもコスパのよい商品である。

 シンクやコンロ周りなどベタつく油汚れにも強く、少しこするだけでも汚れがよく落ちる。コンロ周りのスポンジと、お皿や食器を洗うスポンジを別々にして使っている方も多いだろう。しかし、ミディアムクロスは、コンロ周りだけでなく、お皿やグラスなどの普段の食器洗いにも使用できる優れものだ。
 
パッケージ裏面に注意書きがあるのでチェックしておこう(筆者撮影)

 スポンジをいくつも出さなくていいので、水回りアイテムもスッキリする。また、テフロン加工のフライパンなどにも使える。傷のつきにくい繊維を使用しているからこそだろう。

 ミディアムクロスがあれば、さまざまな洗い物に対応できる。洗いづらい魚焼きグリルの焦げ付きに苦労した経験のある方は、ぜひこのミディアムクロスを試してもらいたい。

 粗すぎず柔らかすぎないミディアムクロスがちょうどよく、魚グリルのしつこい汚れを落としてくれる。布巾のような薄型なので、通常のスポンジよりも取り回しが抜群だ。筆者にとっても、お気に入りのキッチンアイテムのひとつとなっている。

(3)【KITINTO】ハンディーチョッパー 330円

ハンディーチョッパー(筆者撮影)

 「ハンディーチョッパー」とは、野菜などを専用の容器に入れて、紐を引っ張ると刃が回転し、簡単にみじん切りにしてくれる便利グッズのこと。

 実際のところ「ハンディーチョッパー」は、面倒くさいみじん切りが簡単にできる時短グッズの定番品として、さまざまなメーカーから出ている。

 キッチングッズも増えると置き場所に困るし、かさばる。そのようなことを考えた筆者は、「みじん切りのために、わざわざハンディーチョッパーを買うことはない」と思っていたひとりである。

 しかし、3COINSからハンディーチョッパーが発売されると、330円という手頃すぎる値段に惹かれて、思わず買ってしまったのだ。それまで販売されている手動タイプのハンディーチョッパーは1000円前後の商品が多く、もし使わなかったらどうしよう・・・と思ってしまい買えなかった。

 3COINSのハンディーチョッパーを購入して正解だった。とにかくみじん切りが素早くできる。安いからといって決して粗悪ではなく、むしろ十分すぎるくらい切れ味も抜群だ。
 
みじん切りしにくいネギも簡単にできる(筆者撮影)
 
やわらかい椎茸のみじん切りも思い通りに(筆者撮影)


 紐を手動で引っ張るのだが、引っ張る回数で素材のカットサイズが変えられる。5回で粗めのカット、10回でだいぶ細かく、20回程でさらに細かくといった具合。料理に合わせて細かさが調整できるのもいい。
 
カットサイズはパッケージを参考にしよう(筆者撮影)

 筆者は以前、玉ねぎでカットの状態を確認したいと思い、40回以上引っ張ってみたことがある。40回以上で、ペースト状に近くなるまで細かくすることもできた。

 これまでに何度も使用しているが、切れ味も特に劣化してない。優秀な高コスパ商品と言えるだろう。

 ハンディーチョッパーのおかげで、みじん切りは早くなるし、目にしみて涙を流していた玉ねぎなどのみじん切りは、かなり楽になった。

 ハンディーチョッパーの購入を悩んでいる、購入してみたいがどれを選べばいいのかわからないといった人に、3COINSの【KITINTO】ハンディーチョッパーは、本当におすすめしたい商品のひとつである。

ラージサイズは550円!

 3COINSのハンディーチョッパーは、ラージサイズもある。価格は550円。色々な野菜をまとめてみじん切りしたい時や、多めに食材を調理する場面が多い方には、ラージサイズがおすすめだ。

 やはり人気商品だけあってか、筆者が行った店舗ではラージサイズのハンディーチョッパーが品切れだった。ECサイトでも完売しているので再入荷を期待したい(※2022年5月30日現在)

(4)【KITINTO】伸ばして吸着するシリコーンラップ 330円

3サイズセットがうれしい(筆者撮影)

 3COINSで販売されているシリコーンラップは、3サイズが1セットになっている。ちょっと保存しておきたいときにラップを使うのはもったいない・・・と思ったことはないだろうか。エコの観点からもシリコーンラップを使いたい。

 シリコーンラップは一時保存にとても向いていて、3COINSのシリコーンラップ1セットを持っているととても重宝するのでおすすめだ。

 食洗機の使用・電子レンジ冷蔵庫に使用OKなのもうれしいポイントである。繰り返し洗って使用できるシリコーンラップは、環境にも経済的にも優しいのだ。

 瓶の蓋が固くて開けづらい時も便利。シリコーンラップの滑り止め効果を利用し、蓋にかけて回せば、簡単に開けることができる。シリコーンラップで、キッチン周りをエコな環境に整えてみてはいかがだろうか。

(5)【KITINTO】分解できるハサミ 330円

分解できるキッチンハサミ(筆者撮影)

 分解できるハサミにまず驚くのは330円という価格。分解できるキッチンハサミは、いろいろなメーカーから出ているが、3COINSは圧倒的に安い。

 しかも、キッチンハサミとしてだけの役割ではない。歯の部分は栓抜きとしても使用でき、ハサミの持ち手のギザギザは、開けにくいペットボトルなどのキャップを開ける際に使えるようになっている。
 
キャップを開ける部分(筆者撮影)
 
栓抜きができる部分(筆者撮影)

 3WAYで使えるキッチンハサミは、アウトドアなどでも重宝しそうだ。筆者は無印良品のキッチンハサミも愛用しているのだが、そちらは1490円する。使い勝手は3COINSのキッチンハサミも遜色ない。
 
無印良品(左)と3COINS(右)(筆者撮影)

 3COINSのキッチンハサミの方が刃先が尖っているので、お弁当の海苔アートなどで細かい作業をしたい場合は、3COINSのハサミの方が作業しやすい。
 
それぞれを分解してみた(筆者撮影)

 キッチンハサミがあると「ネギを少しだけ切りたい」という時など、包丁とまな板を使うまでもない作業がとても楽になる。キッチンハサミデビューは、330円のお手頃価格すぎる3COINSの分解できるハサミで決まりだ。

3COINS【KITINTO】シリーズで手軽に便利を!

 人気の3COINSの【KITINTO】シリーズは、店舗で品薄状態やすぐに完売してしまうものもある。新生活も落ち着いたら、キッチン周りの整理をかねてアイテムの選択肢のひとつとして、3COINSの【KITINTO】シリーズを使ってみてはいかがだろうか。(GEAR

オススメの記事