2022年春モデル 14型液晶搭載の「dynabook Rシリーズ」など5機種発売

新製品

2022/03/22 16:00

 Dynabookは3月24日から、ノートPCの2022年春モデルとして、「dynabook R」シリーズ、プレミアムスタンダードノートPC「dynabook T9」、プレミアムモバイルノートPC「dynabook G9」など計5機種6モデルを順次発売する。価格はいずれもオープン。
 

「dynabook R」シリーズなどノートPCの新機種5機種6モデルが発売

 「dynabook R」シリーズは、Eyesafe認証を取得し、Low blue light液晶によって目への負担を軽減しており、狭額縁の14.0液晶ディスプレイは映り込みの少ないノングレア液晶なので、さまざまな場所へ持ち運んで使える。また、同社の13.3インチモデルのノートPC従来機種よりも薄型・軽量な本体を実現しつつ、長時間のバッテリ駆動(R9:約24時間、R8・R6:約20.5時間)と急速充電「お急ぎ30分チャージ」にも対応している。
 
「dynabook R」シリーズ

 そのほか、アメリカ国防総省制定MIL規格に準拠した、さまざまな項目での耐久テストの実施を予定しており、高速LPDDR5メモリ、大型クリックバッド、180°オープンするディスプレイによって使い勝手を追求するとともに、電源スイッチ一体型指紋センサ、予期せぬ映り込みを防ぐシャッター付きウェブカメラWi-Fi 6準拠の無線LAN、Thunderbolt 4対応のUSB Type-Cポート×2基などを備える。

 なお、最上位モデル「R9」は、インテルEVOプラットフォーム、バックライト付きキーボードを搭載し、Dolby Atmosおよび2way/4speakersによる高音質を実現している。
 
dynabook G9

 「dynabook G9」は、明るく色鮮やかなシャープ製13.3型IGZO液晶を搭載し、太陽光や蛍光灯の下でも映り込みが少ないノングレア液晶を採用する。薄型・軽量なのでバッグなどに収まりやすく、約24時間の長時間バッテリ駆動を実現している。また、180°オープン可能なディスプレイによって、対面相手と簡単に画面共有ができるほか、アメリカ国防総省制定MIL規格に準拠した、さまざまな項目での耐久テストの実施を予定する。

 高速LPDDR5メモリ、顔認証センサ、Wi-Fi 6準拠の無線LAN、予期せぬ映り込みを防ぐシャッター付きウェブカメラ、Thunderbolt 4対応のUSB Type-Cポート×2基などを搭載している。
 
dynabook T9

 「dynabook T9」は、基本性能にこだわったオールインワンの15.6型プレミアムスタンダードノートPC。同社の15.6インチディスプレイを搭載する従来機種のノートPCよりもスリムな本体を実現しつつ、ブルーレイディスクドライブを備えている。また、大画面で文書作成から、高画質動画の編集やeスポーツなどパワーが求められる作業まで、スムーズな実行を可能にした。

 顔認証センサ、Wi-Fi 6準拠の無線LAN、抗菌キーボード、Dolby Atmos、USB Type-A×3基、USB Type-C×1基などを搭載している。

オススメの記事