1本で極める立体音響! ワイヤレスサウンドバー「BOSE SMART SOUNDBAR 900」

 ボーズは2月24日に、音楽や映画などあらゆるコンテンツを臨場感たっぷりの高音質で再現する、Dolby Atmos対応サウンドバー「Bose Smart Soundbar 900」を発売した。カラーは、ブラック、ホワイトの2色。価格は11万9900円。

Bose Smart Soundbar 900

 「Bose Smart Soundbar 900」は、「Smart Soundbar 700」の後継機種で、カスタムアレイ、アップファイアリング(天井反射)ダイポールスピーカー、複数のフルレンジトランスデューサーと、独自の空間音響処理技術を融合することで、他のサウンドバーでは再現することが難しい、立体的なリアリズムを生み出す。

 独自のPhaseGuideテクノロジーによって、実際にはスピーカーが配置されていない所からでも、部屋の左右からピンポイントに明瞭かつ立体的なサウンドの拡がりを実現する。また、Dolby Atmos以外のコンテンツでも、Bose TrueSpaceテクノロジーが信号をリミキシングし、上方向への音の拡がりを補完することで、天井にスピーカーを追加することなく、Dolby Atmos対応コンテンツと同様の、高さを感じられる音景を創り出せる。

 本体は、角をなくしたデザインで、天面には耐衝撃性強化ガラスを採用するとともに、ラップアラウンドのメタルグリル、なめらかな質感と美しいラインを取り入れることによって、高級感ある質感に仕上げつつ、50インチ以上のテレビの下にもすっきりと収めることができる。
 
高級感のある質感ながら50インチ以上のテレビの下にも収められるスリムさを実現

 テレビとの接続は、HDMI eARCによってケーブルを1本接続するだけで完了し、無線LANを通じてSpotify ConnectやAirPlay 2にアクセス可能なほか、Bluetoothでのスマートフォンタブレット端末との接続、GoogleアシスタントとAmazon Alexaによる音声コントロールにも対応している。

 さらに、オプションのベースモジュールやサラウンドスピーカーともシームレスに連携し、より完全なホームシアターも構築できる。また、スマートスピーカーとの連携によるマルチルームシステム、家全体のホームシステムとしての使用や、「QuietComfort 45 headphones」との連携による自分だけのエクスクルーシブなリスニング体験にも適している。

 大きさは、高さ5.8cm×奥行き10.7cm×長さ104.5cm。
 
2色のカラーバリエーションを用意

オススメの記事