PS5向け次世代VR「PlayStation VR2」、コントローラーは“オーブ型”

新製品

2022/02/24 17:00

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は2月24日に、PlayStation 5向けの次世代VRシステム「PlayStation VR2」と、「PlayStation VR2 Senseコントローラー」の最終デザインイメージを公開した。

「PlayStation VR2」と「PlayStation VR2 Senseコントローラー」の最終デザインイメージ

 「PlayStation VR2」のヘッドセットは、「PlayStation VR2 Senseコントローラー」とマッチするオーブ型デザインを採用し、丸みを帯びた形状によってプレイヤーがバーチャルリアリティの世界に入ったときに感じられる、360°の視界を表現している。

 PlayStation 5商品群のプロダクトデザインからもインスピレーションを受けており、PlayStation 5のデザイン時より次世代VRシステムのヘッドセットデザインも念頭に置きながらデザインを行ってきたことから、ビジュアルから感触までPlayStation 5と共通した特徴が感じられる。

 「PlayStation VR2」のヘッドセットは、常に手に取って触れることを想定して、「DualSenseワイヤレスコントローラー」や「PULSE 3Dワイヤレスヘッドセット」とも一貫性を感じられるような、丸みを帯びたデザインになっている。

 「PlayStation VR2」のヘッドセットと「PlayStation VR2 Senseコントローラー」は、リビングルームに溶け込むようなデザインを採用している。使っていることを意識せずゲームの世界に没入できるものを目指しており、エルゴノミクス(人間工学)に基づいたデザインを重視し、さまざまな頭の大きさの人が快適に使えるよう検証を重ねてきた。現行機種である「PlayStation VR」における、ヘッドセットの重量バランスや1本のバンドだけで頭部に固定する構造を「PlayStation VR2」でも踏襲したほか、「PlayStation VR」ユーザーでも違和感なく使えるよう、ヘッドセットのスコープ部分と顔の距離を調整するためのスコープ調整ボタンやステレオヘッドホン端子の位置も共通して配置している。
 
丸みを帯びたデザインを採用しつつ、「PlayStation VR」の構造や機能も踏襲

 ヘッドセットには、両目のレンズ間距離を調整できるダイヤルや、振動用モーターなど新機能を追加しつつ、よりスマートなデザインに仕上げたことで、わずかながら軽量化も実現した。さらに、PlayStation 5本体や「DualSenseワイヤレスコントローラー」のデザインにあしらった、小さなシェイプス(△〇×□)も、ヘッドセットのバンドの前後に配置している。

オススメの記事