【3COINS】大活躍間違いなしの「キッチン便利グッズ」5選

レビュー

2022/01/31 18:00

 日々料理をしている人にとって、少しでも時短になる便利なキッチングッズは魅力的だ。しかし、なかなか手軽には購入できない価格の商品も多い。安くて便利なキッチングッズを売っているショップはないものか。筆者が行きついたのは、プチプラで有名な3COINSのキッチングッズだった。330円(一部550円)で購入でき、筆者が実際に使ってみて便利に感じたアイテムを五つ紹介する。同じ悩みを抱えている人には、ぜひ最後まで読んでいただきたい。

3COINSの安くて便利なキッチングッズ(筆者撮影)

食器洗剤ボトル

 食器を洗っている最中に泡立ちが悪くなり、スポンジに洗剤を足すことはないだろうか。筆者はその際に、いつも泡だらけの手で洗剤を足すので、洗剤ボトルがベトベトに。しかし、3COINSの「食器洗剤ボトル」を使えば、そのようなことにならない。
 
3COINSの食器洗剤ボトル(筆者撮影)

 3COINSの食器洗剤ボトルは、ブラウンと透明の2種類ある。ブラウンの食器洗剤ボトルは、キャップが黒色でボトル本体がブラウン。一方、透明の食器洗剤ボトルは、キャップ部分が白色でボトル本体が透明だ。

 筆者は洗剤の色が見えないタイプがほしかったため、ブラウンを購入した。洗剤の残量が気になる人は透明タイプがいいだろう。

 早速、ボトルに洗剤を入れて使用してみた。キャップは、女性でもそれほど力を入れずに回せるため、詰め替えがしやすくていい。

 3COINSの食器洗剤ボトル最大の特徴は、スポンジでボトル上部を押すだけで洗剤が出てくることだ。
 
食器洗剤ボトル上部を押してスポンジに洗剤をしみこませる(筆者撮影)

 軽く力を入れてボトル上部を押すと、洗剤がプッシュアップして出てくる構造になっている。これでもう、泡だらけの手で食器洗剤ボトルを持つ必要がない。おかげでとても快適に食器洗いが進み、いつもよりスムーズに終えられた。

 また、この食器洗剤ボトルには、誤使用防止のロック機能が付いている。
 
食器洗剤ボトルのキャップには突起が付いていて、ロックができる(筆者撮影)

 「OPEN」の矢印と逆方向に回すと、ロックがかかって洗剤が出てこない仕組みになっている。これなら小さい子どものいる家庭でも、安心して使用できる。

 筆者は実際に使用してみて、デザインも良く手軽にキッチンをおしゃれにでき、機能性も申し分ない食器洗いボトルだと感じた。

耐熱ゴム付きミトン

 グラタンや鍋料理をキッチンから食卓に運ぶときは、時間との闘いだった。たとえミトンをはめても、すぐに熱さが手に伝わってしまうためである。

 3COINSのミトンを購入したことで、今はもう問題なくゆっくりと料理を運べるようになった。
 
3COINSの耐熱ゴム付きミトン(筆者撮影)

 耐熱ゴム付きミトンには、文字通り黒色の耐熱ゴムが付いている。この耐熱ゴムのおかげで、熱い鍋の蓋やオーブンのトレイを持っても熱さを感じずに済むのだ。

 もちろん長時間持っていると熱く感じてくるが、キッチンから食卓に運ぶくらいの短時間では問題ない。また、ゴム製のため滑りにくく、熱い鍋を誤って落としてしまう危険も防げるのがいい。

 サイズは幅13.5cm×縦20cmで、女性である筆者の手のひらにもちょうどよかった。

 ただ、一つ残念に感じている点は片手で販売されていること。鍋料理を食卓に運ぶときなど、両手でミトンを使いたい場面も多くある。そのため、耐熱ゴム付きミトンを両手で使うには、二つ買わなければならない。

 筆者は一つしか購入していないが、非常に魅力のある商品に感じているので、もう一つ買う予定だ。それほどの価値は存分にある商品だと感じた。

折りたたみ鍋敷

 寒い季節には、温かい料理を食べることが多い。そんな時に役立つのが、3COINSの折りたたみ鍋敷である。
 
3COINSの折りたたみ鍋敷(筆者撮影)

 鍋敷の材質は天然の木で、そこに明るめの茶色い牛革の紐が付いている。折りたたんだ状態のサイズは非常にコンパクトである。開くと、6本の木が放射状に広がり、鍋敷の形に変身する。
 
折りたたみ鍋敷を開いた様子(筆者撮影)

 広げたときのサイズは幅16cm×縦18cm×厚さ1.6cmで、厚みもしっかりしているのでテーブルに熱が伝わらない。

 実際にテーブルの上に置くと、木の質感が食卓をおしゃれに彩ってくれた。筆者が以前使っていたコルク製の鍋敷を置いたときと、雰囲気が全然違うことに驚いた。

 また、食事が終わったあと、手軽に片付けられるところもいい。元から折りたたみに便利な形状になっているため、簡単に折りたためた。これなら、子どもにも安心して手伝ってもらえるだろう。

 鍋敷を使わないときは省スペースで収納できるため、家族分揃えてもかさばらない。鍋敷を探している人には、ぜひおすすめしたい商品である。

サラダスピナー

 筆者は、レタスやキュウリなど、生野菜をサラダにして食べる時に水気が取り切れないことが悩みだった。ドレッシングをかけても水で薄くなり、おいしくないサラダになってしまうことが何度もあった。

 しかし、3COINSのサラダスピナーと出会ってからは、そのようなことが一切なくなった。
 
3COINSのサラダスピナー(筆者撮影)

 サラダスピナーとは、野菜の水切り器のことで手回し式とプッシュ式の2タイプがある。3COINSのサラダスピナーは、手回し式だ。

 白い取っ手を持ってぐるぐると回すと、遠心力で水が切れる仕組みになっている。中はザルとボウルに分かれていて、取り外しも簡単。

 切った生野菜をザルに入れて水で洗い、そのままボウルと蓋をセットして回すことで、シャキシャキのサラダが出来上がる。
 
サラダスピナーの中に野菜を入れている(筆者撮影)

 しかし、しっかり水気を切りたいからといって、力を入れすぎると割れてしまうので気を付けよう。プラスチック製のため割れてしまう場合もあるが、扱い方に注意していればそう簡単に割れることはない。
 
力を入れすぎると割れてしまうので注意(筆者撮影)

 筆者は前々からサラダスピナーを気になってはいたものの、値段が高いと感じてしまい購入をためらっていた。ネットショップでも安くて800円くらいするため、自分で頑張って水気を切ればいいと思っていたのだ。

 しかし、3COINSのサラダスピナーは330円で購入できる。同じ悩みを持っている人には、ぜひ一度試してみてもらいたい。

ザル付き保存容器

 ザル付き保存容器は、店頭で見た瞬間に「これは役立つはず!」と確信をもって購入した商品だ。
 
3COINSのザル付き保存容器(筆者撮影)

 サイズは2種類あり、普通の大きさが330円で、ラージが550円。筆者は「大は小を兼ねる」と思ってラージを購入したため、ラージについて紹介しよう。

 ザル付き保存容器ラージのサイズは直径20cm×高さ9.8cmで、容量は2.3リットル。この容器の魅力は、耐熱温度が120℃、耐冷温度が-20℃まであること。電子レンジと冷凍庫のどちらでも使えるのだ。例えば、ザルの中で野菜を洗って水気を切り、容器を替えることなくそのまま電子レンジに入れて温められる。
 
ザル付き保存容器には空気穴が付いている(筆者撮影)

 蓋に空気穴があるので、蒸気で破裂する心配もない。野菜の下茹でや温野菜作りで使用すると、ガス代の節約につながるため、おすすめだ。また、食器洗浄機に対応しているため、洗い物の手間が省けるところもいい。

 ザル付き保存容器は、鍋の具材を一時的に入れておいたり肉のドリップを除いたりと、今後も様々な場面で活躍するだろう。

3COINSのプチプラキッチングッズで快適に料理をしよう

 便利なキッチングッズは、値段が張るものが多い。「本当にこの値段を出す価値があるキッチングッズなのか?」。このように感じて、気になるキッチングッズがあっても購入しないという筆者のような人は少なくないだろう。

 しかし、3COINSでは似たようなキッチングッズでも、ほとんどが330円で手に入る。3COINSで安く便利なキッチングッズを購入して、快適に料理を楽しもう。(GEAR)

オススメの記事