パナソニック、ゲーミングネックスピーカーのFF XIVエディションを期間限定発売

 パナソニックは、耳を塞がず肩に乗せて使うゲーミングネックスピーカー「SC-GN01」の新製品として、「ファイナルファンタジーXIV:暁月のフィナーレ」の発売を記念した「SC-GN01 ファイナルファンタジーXIV エディション」(SC-GN01-FF)を3月25日に発売する。2022年9月末までの期間限定生産の予定。価格はオープン。

SC-GN01-FF

 SC-GN01は、「ファイナルファンタジーXIV」のサウンドチームとの協業により2021年10月に発売したゲーミングネックスピーカーの新製品。試作段階からスクウェア・エニックスのサウンドチームと協業することでゲームに適した音づくりを実現している。今回、拡張パッケージ「ファイナルファンタジーXIV:暁月のフィナーレ」の発売を記念し、「SC-GN01」をベースにしたファイナルファンタジーXIV エディション「SC-GN01-FF」を期間限定生産で発売する。
 
専用デザインの本体・パッケージを採用

 本体に「ファイナルファンタジーXIV」の象徴である「メテオマーク」をあしらうなど、専用デザインの本体・パッケージを採用し、特別仕様を演出。また、起動音とサウンドモード変更時の効果音に「ファイナルファンタジーXIV」オリジナル音源を採用した。製品を起動したときに鳴るメロディには、「プレリュード」をモチーフとしたオリジナルメロディを取り入れたほか、サウンドモード変更時にモード名を知らせる音声ガイダンスには「ファイナルファンタジーXIV」で「ジョブ」を変更する際の効果音をミックスしている。

 ゲームフィールドに入り込んだような没入感など「SC-GN01」で好評を得ている機能はそのまま採用している。独自のデジタル処理とゲームサウンドに最適なチューニングにより、4つのスピーカーがオブジェクトの位置や移動をクリアに再現。首元を囲むようにレイアウトされた前2つ後ろ2つのスピーカーにより、ゲームの世界の中心にいるような音場でプレーヤーを包み込む。左右2chのステレオサウンド信号も4chへ自動的にアップコンバートされ、奥行きのあるサラウンド環境でゲームを楽しめる。

 ゲーマーにとって快適なプレイ環境も追求。音の遅延を最小限にするために、USBケーブルでの有線接続を採用した。飲み物を飲む際などプレイ中も自由に動くことができるように、ケーブルは3m仕様にしている。このほか、直感的に操作しやすいようにボタンの配置を工夫。ゲームプレイ中はボタンを見ずに操作することができる。

 アンプ部の最大出力合計値は4W。入出力端子はUSB Type A、3.5mmミニジャック CTIA準拠。サイズは約240mm×46mm×209mmで、重さは約244g(ケーブル・USB端子含まず)。USBケーブル接続でパソコン、PS4・PS5、Nintendo Switch(テレビモード時)に、音声接続コードでパソコン、PS4・PS5、Xbox One・Xbox Series S/X、Nintendo Switch(テーブル/携帯モード時)に対応する。パソコンの対応OSWindows 10

オススメの記事