走力を科学的に分析するランナー特化型ウォッチ「HUAWEI WATCH GT Runner」

 ファーウェイ・ジャパンは12月10日に、同社としてははじめてのランナー専用ウォッチ「HUAWEI WATCH GT Runner」を発売する。カラーは、ブラック、グレーの2色。価格はオープンで、実勢価格は3万4980円前後の見込み。

HUAWEI WATCH GT Runner

 「HUAWEI WATCH GT Runner」は、「HUAWEI TruSport」による科学的なランニング分析が可能なランナー専用ウォッチで、ランニング能力指数やトレーニング負荷の測定に対応する。

 ランニング能力指数は、長距離ランナーの能力を定量的に表すもので、過去のランニングの心拍数、ペース、距離、頻度といった多面的データから算出され、タイムの予測など精度の高い分析ができる。また、トレーニング負荷の客観的な測定によって、高強度セッション後の適切な休息時間や、自身に合ったトレーニング量のコントロールが可能になる。

 さらに、新機能である「AIランニングコーチ」を搭載しており、性別、身長、体重、心拍数、ランニングの距離と頻度、ペースなどを考慮した、自身に合わせたトレーニングプランのカスタマイズに対応している。1週間のトレーニングデータを科学的に分析し、翌週のランニングスケジュールを自動的に調整してくれるので、段階的な成長が期待できる。
 
「AIランニングコーチ」の画面イメージ

 本体は、高強度複合繊維のケース、セラミック仕上げのベゼル、航空機グレードのチタン合金製リューズを採用することで高い耐久性を実現しつつ軽量。アンテナをラグの中に埋め込むことによって、金属干渉の大幅な低減と軽量化を実現し、接続性とGPS性能を向上している。また、ハードなトレーニング時の心拍数のモニタリング精度を大幅に向上するとともに、血中酸素レベルの常時測定、睡眠モニタリング、ストレスモニタリングなど豊富な健康管理機能も備えるほか、100種類以上のワークアウトモードを搭載する。

 対応無線通信は、Bluetooth 5.2 BLE/BR/EDR。対応OSは、Android 6.0以降、iOS 9.0以降。バッテリ駆動時間は約14日間。サイズは幅46.4×高さ46.4×奥行き11.0mmで、重さは約38.5g。

オススメの記事