スマート農業でオーガニックワインを、山梨県でフォーラム

イベント

2021/11/02 13:00

 山梨ICT&コンタクト支援センターは11月19日、「第9回山梨ICT地産地消フォーラム」を開催する。「ICT活用によるオーガニックワインの未来に向けた持続可能な取組み」をテーマに、経済産業省や山梨県、スマート農業に取り組むIT企業を講師に招いて講演する。会場は山梨県甲州市勝沼町の勝沼ぶどうの丘イベントホール。13時から16時までの3時間でオンライン聴講もできる。定員は100名で参加費無料。参加申し込みは下記URLから。

第9回山梨ICT地産地消フォーラムのチラシ

 初めに「DXの推進と成長産業への変革-デジタル化による新たな地産地消にむけて-」と題し、経済産業省商務情報政策局の和泉憲明 アーキテクチャ戦略企画室長が講演するほか、山梨県果樹試験場環境部の國友義博 主幹研究員・部長が山梨県における有機農業の取り組みについて話す。また、ICT活用の事例紹介として、シー・シー・ダブルの伊東和彦 デジタルイノベータ、山梨大学ワイン科学研究センターの奥田徹 センター長も登壇する。

オススメの記事