カメラのXperiaの最新形態! 1.0型イメージセンサ搭載の「Xperia PRO-I」

 ソニーは、像面位相差AFを備える1.0型イメージセンサ「Exmor RS」を世界で初めて搭載する5Gスマートフォン「Xperia PRO-I」を12月15日に発売する。10月26日から順次予約販売の受付を開始した。

「Xperia PRO-I」(フロストブラック)と、
本機に搭載する1.0型イメージセンサ(イメージ)

 Xperia PRO-Iは、クリエイターから高い評価を受けているソニーのプレミアムコンパクトカメラ「RX100 VII」に搭載の1.0型イメージセンサを、同機向けに最適化したイメージセンサExmor RSを搭載。また、ソニーのミラーレス一眼カメラα(Alpha)から受け継ぐカメラのスピード性能とスマートフォンの高い処理能力を融合した高性能カメラに加えて、高精細な4K HDR対応有機ELディスプレイや即時データ伝送を行える5G通信機能を、厚さ約8.9mmの薄型ボディに凝縮している。
 
像面位相差検出AFセンサによる撮像エリアのイメージ

 Xperia PRO-Iの「I」はイメージング(Imaging)の「I」を表しており、ソニーの最先端イメージング技術を結集したカメラの本格撮影体験を、5Gスマートフォンで実現している。
 
「リアルタイム瞳AF」を用いた撮影例

 新製品の主な特徴として、大型の像面位相差AFを備える1.0型イメージセンサは、高感度・低ノイズ性能と広いダイナミックレンジ、美しいぼけ味など、圧倒的な描写力を実現。撮像エリアの約90%をカバーする315点の像面位相差検出AFセンサによって、ピント合わせが難しいシーンでも被写体を高速・高精度に捉え続ける。また、ソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラ「α1」にも搭載されている「リアルタイム瞳AF」や「リアルタイムトラッキング」での静止画撮影に加えて、Xperiaとして初めて動画撮影時の「瞳AF/オブジェクトトラッキング」にも対応している。

 新たな動画撮影機能として、機動性と撮影の柔軟性に優れた「Videography Pro」を搭載。撮影環境に応じて、フォーカスや露出、ホワイトバランスなどの設定変更を、素早く直感的に、正確に調整できる。さらに、世界初4K 120fpsのハイフレームレート撮影に対応し、より滑らかで印象的な映像制作が可能。

 また、Vlogger向けの同機専用「Vlog Monitor」と、純正カバーを発売する。「Vlog Monitor」により、モニターを確認しながら「Xperia PRO-I」の1.0型イメージセンサでの自撮り撮影などが簡単に行える。同アクセサリはマイク端子やアクセサリシュー、三脚用ネジ穴に対応しており、撮影のこだわりに合わせたカスタマイズが可能となっている。

 なお、ソニーの持続可能な社会の実現に向けた取り組みの一環として、パッケージ表面の保護加工の変更や表面に貼るシールや製品本体を包む包装材もプラスチックから紙に変更するなど、個装パッケージのプラスチック使用量ゼロを実現している。

 価格はオープン。推定価格は19万8000円前後。

オススメの記事