次世代スマホ「Google Pixel 6」登場! KDDIとソフトバンクから発売

新製品

2021/10/21 09:00

 Googleは、同社製の最新スマートフォン「Google Pixel 6」と「Google Pixel 6 Pro」を発表した。
 

10月20日に発表されたGoogle Pixel 6シリーズ

 「Google Pixel 6」と「Google Pixel 6 Pro」は、Google初の純正プロセッサGoogle Tensorを搭載し。Android 12をプリインストールした5G対応の最新端末だ。高速化・スマートな機能・高度なセキュリティを実現しており、使う人を理解し、寄り添うことのできるスマホになっているという。

 今年のGoogle Pixelには、大胆な新デザインを採用し、内部のソフトウェアと外部のハードウェア全体に統一性をもたせた。特徴的なカメラバーによって、カメラを中心に対称的でバランスの取れたデザインを実現している。

 Google Pixel 6の側面を覆うテクスチャー加工されたブラックの金属バンドは、端末の多様なカラーを引き立てる役割を持つ。Google Pixel 6 Proは、高級ジュエリーや腕時計などの仕上げから着想を得ている。側面のメタルフレームを引き立てるカラーの曲面ガラスは、磨かれた金属ユニボディとつながるデザインになっている。

 機能面では、壁紙を選択するとUI全体が選択した壁紙にマッチする色調に更新される。操作の応答性は、より素早くスムーズになった。また、ホーム画面とロック画面に表示されるスナップショットにより、必要なときに必要なものを見つけやすくなった。たとえば、フライト当日に搭乗券を表示したり、ワークアウト中のステータスをわかりやすく表示することができる。

 最高水準のセキュリティを備えており、情報の安全性とプライバシーを守る。次世代Titan M2の搭載により、Google Tensorセキュリティコアと連携して機密性の高いユーザーデータ、PIN、パスワードを保護する。また、セキュリティアップデートのサポート期間が5年間に延長されたことで、常に最新の保護機能を利用できる。
 
デザインが刷新されている

 「Google Pixel 6」と「Google Pixel 6 Pro」には、Google Pixel史上最も先進的なカメラが搭載されている。ハードウェアからPixelの画期的なコンピュテーショナル フォトグラフィーまで、カメラ全体のエクスペリエンスが向上した。

 両モデルとも、背面に新しい1/1.3インチ、50メガピクセルのセンサーを搭載。Google Pixel 5のメインの背面カメラと比較して、メインセンサーで取り込む光量が最大150%アップしたことで、より繊細で豊かな色彩の写真や動画を撮影できる。また、より大きなセンサーを備えたまったく新しい超広角レンズを搭載し、さらに広い範囲を鮮明に写すことができる。

 Google Pixel 6 Proでは、4倍光学ズームと進化した超解像ズーム機能によって最大20倍ズームを可能にする望遠レンズと、4K動画を撮影できるウルトラワイド前面カメラを搭載している。

 新機能の消しゴムマジックを使うことで、Googleフォトで数回タップするだけで、写真に写り込んだ通行人などの不要なものを検出して、消去する対象が提案される。選択された対象は、まとめて削除するか、タップして1つずつ削除できる。対象を囲んだり、またはブラシでなぞって消去したりすることも可能。機械学習が指の動きから消去する対象を認識するため、正確になぞることを意識しなくても使うことができる。新しく撮影した写真だけでなく、昔撮った写真やGoogle Pixel以外のスマートフォンで撮影した写真でも使用可能となっている。

 モーション モードでは、アクションパンや長時間露光などの機能を使って動きのある被写体をしっかりと捉えられる。アクションパンは、子どもが自転車に乗っているところや、スケートボードの技を披露しているシーンなどを、背景をきれいにぼかして撮影したい時に最適。長時間露光は、滝や街の風景などの動きのあるシーンを美しく写真に収めることができる。

 肌の色の微妙な違いも美しく正確に再現する機能「リアルトーン」を新しくGoogle PixelとGoogleフォトの機能として追加した。専門家によるカメラと編集ツールのテスト、信頼できるフィードバックによって、カメラと自動補正機能がより平等で正確に写真に表現されるようになっている。

 また、新モデルでは、改善された音声認識と言語処理モデルで、日常のタスクがより簡単になる。たとえば、Googleアシスタントの音声入力を使用して、メッセージをすばやく入力、編集、送信できるようになった。さらに、Googleアシスタントに任せて、ハンズフリーで句読点の追加、修正、絵文字の挿入などが可能。キーボードのマイクをタップすることで使用できる。

 新機能のリアルタイム翻訳を使用することで、英語、フランス語、ドイツ語、日本語など、様々な言語の人々とメッセージをやり取りできる。チャットアプリの翻訳では、LINEやFacebokなどのチャットアプリのメッセージがシステム言語と異なるかどうかを端末が検出し、異なる場合はチャットアプリ上で自動的に翻訳を表示する。この検出と処理はすべて、Google Pixel独自のPrivate Compute Coreにより、デバイス上で行われるため、データがデバイスから送られることがなく、ネットワーク接続がない状態でも機能する。

 リアルタイム翻訳機能では、チャットアプリのメッセージの翻訳のほかにも、音声や動画などのメディアコンテンツの自動字幕起こしの翻訳(日本語はベータ版)、Googleレンズを使った画像の翻訳、通話をサポートする通訳モードによる翻訳を利用できる。通訳モードは、最大48の言語の翻訳に対応し、Googleアシスタントをアクティブにして「通訳になって」と言うか、入力することで利用できる。
 
 「Google Pixel 6」では、新しくレコーダーアプリが日本語に対応した。レコーダーを使用すると、音声の録音、音声の文字変換、音声ファイルの検索ができる。音声を自動的に文字に変換して、拍手、音楽、口笛などのタグを付けることも可能。特定の音声ファイルや、ライブラリ全体から録音内容を検索でき、録音データはスマートフォンに保存されるため、プライバシーが保たれる。

 「Google Pixel 6」と「Google Pixel 6 Pro」、またGoogle純正のケースを含むアクセサリは、10月20日からGoogleストアで予約購入の受け付けを開始し、10月28日に発売する。「Google Pixel 6」は、KDDIソフトバンクから、「Google Pixel 6 Pro」はソフトバンクから、アクセサリはKDDIとSB C&Sから販売を予定している。

 カラーバリエーションは、「Google Pixel 6」がSorta Seafoam、Kinda Coral、Stormy Blackの3色展開、「Google Pixel 6 Pro」がSorta Sunny、Cloudy White、Stormy Blackの3色展開。Google純正のケースは、「Google Pixel 6」がStormy Sky、 Light Rain、Cotton Candyの3色展開、「Google Pixel 6 Pro」がStormy Sky、Light Frost、Golden Glow、Soft Sageの4色展開。Golden Glowのケースは、Googleストア限定色となる。

 価格は、「Google Pixel 6」の128GBが7万4800円、256GBが8万5800円、「Google Pixel 6 Pro」の128GBが11万6600円、256GBが12万7600円、純正ケースが3630円。

 

オススメの記事